ニュース
» 2011年04月07日 06時22分 UPDATE

Microsoftとトヨタ、テレマティクスとスマートグリッドで提携

Windows Azure Platformを利用したグローバルなテレマティクスサービスを構築し、2012年にはMicrosoftの情報端末を搭載した電気自動車、ハイブリッド車を発売する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftとトヨタ自動車は4月6日(現地時間)、自動車向け情報通信(テレマティクス)に関する広範な提携を結ぶと発表した。MicrosoftのPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)「Windows Azure Platform」を利用した次世代テレマティクスサービスを共同で構築する。

 トヨタの電気自動車およびプラグインハイブリッド車にMicrosoftの情報端末が搭載され、バッテリーの充電状況やカーナビゲーションなどの情報を提供することになる。

 toyota オンライン記者会見で握手するトヨタの豊田章男社長(左)とMicrosoftのスティーブ・バルマーCEO

 提携の一環として、両社はトヨタの子会社で顧客にテレマティクスサービスを提供しているトヨタメディアサービスに、年間10億円(約1200万ドル)を投資する。この提携の成果物として、まず2012年中にWindows Azureベースのテレマティクスサービスと、それに対応したプラグインハイブリッド自動車の提供を開始する。2015年には世界規模のクラウドプラットフォームを完成させる計画という。

 MicrosoftはWindows Embedded Automotiveプラットフォームによる車載情報システムや、Bingによるカーナビサービス、Microsoft Tellmeによる音声命令システムなどを手掛けている。

 また、スマートグリッドにも共同で取り組む。Microsoftは家庭向け省電力支援Webアプリ「Hohm」を提供しており、一方のトヨタはスマートグリッドシステム「トヨタスマートセンター」の実証実験を日本で実施している。トヨタはAzureによるクラウドプラットフォームを活用し、トヨタスマートセンターのグローバル展開を図る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -