ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年04月04日 10時12分 UPDATE

調査レポート:Android、ネットに接続するOSとしてWindows超え初のトップに──StatCounter調べ

アクセス解析サービスのStatCounterによると、世界でインターネットに接続するOSのシェアで、Androidが3月、初めてWindowsを抜き、トップになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterは4月3日(現地時間)、インターネットに接続するOSに関する調査で、米GoogleのAndroidが初めて米MicrosoftのWindowsを抜き、トップに立ったと発表した。

 stat 1 世界でのOSシェア推移(資料:StatCouner)

 Androidが37.93%、Windowsは37.91%と、その差はわずか0.02ポイントではあるが、StatCounterは「これは1980年代から続いてきたMicrosoftの天下の終わりを意味する」と語った。

 3位は米AppleのモバイルOS「iOS」(13.09%)、4位はAppleのデスクトップOS「OS X」(5.17%)だった。

 stat 2 2017年3月の世界のOSシェアランキング(資料:StatCounter)

 StatCounterは、アジアやアフリカの新興市場では、PCを持たず、スマートフォンがインターネットに接続する主な手段となっていることがAndroidのシェア拡大の要因と指摘する。以下の地域別色分け地図でもそれが分かる。ちなみに日本は、Windowsが54.92%、iOSが12.07%、OS Xが8.60%で、Androidは1.85%で4位だ。

 stat 3 国別シェア(資料:StatCounter)

 StatCounterの調査は、世界の250万以上のWebサイトにインストールした追跡コードのデータに基いている。これらのWebサイトへの月間ページビューは150億以上だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.