ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年10月26日 13時05分 公開

ソニーがスマートスピーカーを日本でも販売 Googleアシスタント搭載で12月発売

ソニーは、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「LF-S50G」を12月9日から国内でも販売する。部屋のどこにいてもバランスの良い音が聞けるという。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ソニーは10月26日、同社初のスマートスピーカー「LF-S50G」を国内でも発表した。9月に開催された家電見本市「IFA 2017」(独ベルリン)で公開したGoogleアシスタント搭載の小型スピーカー。日本では12月9日からオープンプライス(実売2万5000円前後)で販売する。

「LF-S50G」。カラーは3色

 「OK,Google」あるいは「ねえ、Google」という言葉をトリガーにしてGoggleアシスタントが起動。Wi-Fiでインターネットに接続し、天気やニュース、スケジュールなどの情報を読み上げてくれるほか、Web検索やSpotifyなどの楽曲再生、対応機器のコントロールなどが行える。

音声で指示すれば、対応するサウンドバーから音楽を再生できる

 機能的にはGoogleの「Google Home」と変わらないが、LF-S50Gは円筒形の本体にデジタル表示の時計を搭載するほか、IPX3相当の生活防水(防滴)、本体に触れずに操作するジェスチャーコントロール、全方向に広がる「360°サウンド」などが特徴だ。スピーカーユニットは2基。円筒形の本体中央にフルレンジスピーカーを上向き、サブウーファーを下向きに対抗配置し、その間に2ステージディフューザーを設けた。スピーカーの側面から全方向に出る音は、部屋のどこにいてもバランス良く聞こえるという。

ファブリック素材とプラスチックでできた外装を外したところ。2つのスピーカーを上下に対向配置して中央にディフューザーを設けた

 本体のカラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルーの3色。ファブリック素材を用い、時計表示のLED光を適度に透過するようにした。ベースのメタル部分は、本体カラーに合わせて色が異なる。表面が鏡面仕上げになっているのは、設置した棚やテーブルをわざと映し込み、空間との一体感を演出するためだ。

 天面には静電容量方式のタッチセンサーを搭載。本体に触れる必要はなく、指先を天面の上で動かすだけで楽曲の再生操作が行える。例えばダイヤルを回すように円を描くとボリュームのアップ/ダウン、かざした手を左右にスワイプすると曲送り。IPX3相当の防滴仕様と合わせ、台所で洗い物をしていて手が濡れているような場合でも安心して利用できるという。また自動音量コンロール機能も搭載し、周囲の雑音を検知してボリュームを自動調節。洗い物がすすぎ段階に入って水量を増やしたとき、スピーカーが自動的に音量を上げてくれる。

 BluetoothとNFCも内蔵。ワンタッチでペアリングを行い、スマートフォン内の楽曲を再生できる。ただし音声コーデックは標準のSBCのみ。本体サイズは約110(直径)×162(高さ)ミリ。重量は約750グラム。AC電源で駆動する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.