ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Spotify」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Spotify」に関する情報が集まったページです。

半径300メートルのIT:
相次ぐパスワード漏えい問題 筆者が考える対策は「覚えるのをやめる」だった
先日、ディスクユニオンがパスワードを含む、オンラインショップで登録された個人情報が流出したと発表しました。私たちが利用するサービスのセキュリティレベルは一見判断しづらい部分です。これに向けてどう対策を講じればいいのでしょうか。(2022/7/5)

SaaS企業デスクツアー:
上場SaaS企業で働く人のデスク環境三十六景 経営陣からエンジニアまで チームスピリット編
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。経営陣からエンジニア、管理部門まで、さまざまな社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回は、2018年に上場したチームスピリットで働く人のデスク周り。(2022/6/29)

アニソンを24時間いつでも聞けるライブストリームをキングレコードが始動 「ポプテピ」主題歌など初期は100曲を配信
収録曲は他レーベル原版の楽曲も含め、今後も追加される予定。(2022/6/27)

こ、これは……! 道路のアイドル「コクドル!」登場 コクドル1号は東京〜大阪の国道1号線
沖縄の国道507号まで続く、のかな。(2022/6/23)

Spotify、第三者による「安全諮問委員会」設立
Spotifyは第三者によるSafety Advisory Council(安全諮問委員会)を設立した。委員会は、Spotifyがクリエイターの表現を尊重しつつ、ポリシーとサービスを安全に進化させるのを支援する。同社は1月、人気Podcastでの新型コロナウイルスワクチンに関する不正確なコンテンツを放置したとして批判された。(2022/6/15)

Podcastを制したSpotify、次はオーディオブック市場に参入
Spotifyのダニエル・エクCEOは投資家向けイベントで、オーディオブック市場への参入を宣言した。音楽とPodcastに続けて、オーディオブックでも「勝ちに行く」としている。(2022/6/13)

「シン・ウルトラマン音楽集」サブスクで半分だけ先行配信、CDは22日発売
キングレコードは8日、映画「シン・ウルトラマン」の劇中曲などを集めた2枚組CDのうち1枚目の収録曲を各音楽配信サービスで先行配信すると発表した。CDは22日発売。(2022/6/8)

「LinkBuds S」でSpotify再生不可になる不具合 アップデートで解消
ソニーは6月7日、完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S」向けにソフトウェアアップデートの配信を始めた。LinkBuds Sにペアリング済みのiOS端末、「Auto Play」アプリ、「Quick Access」機能を使って、Spotifyの再生ができない不具合などが改善する。アップデートにはAndroid/iOS用アプリ「Sony | Headphones Connect」(最新版)が必要。(2022/6/8)

Android版「Amazon」「Kindle」アプリで電子書籍の購入が不可に Googleのポリシー変更は受け入れられる?
Android版の「Amazon」アプリや「Kindle」アプリから電子書籍の購入ができなくなりました。Googleが、Google Playで配布する全てのアプリは、Google Playの課金システムを利用しなければならないとGoogle Playのポリシー改定したため。一方で、サードパーティーの課金システムを利用するテストも行っています。(2022/6/5)

音楽を聞くだけでウクライナ支援になる 支援プロジェクトが楽曲をSpotifyなどで配信
音楽を通じた継続的な支援を目指しています。(2022/5/27)

ソニーが「Auto Playアプリ」発表 スマホ触れずに音楽再生を実現
ソニーは5月19日、ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」「LinkBuds S」向けに、スマートフォンを触らず自動で音楽を再生したり、情報を取得したりできるアプリ「Auto Play」を発表した。配信時期はAndroid向けが5月19日(LinkBuds S発表時)、iOS向けが6月上旬を予定。既発売のLinkBudsは5月31日に配信開始のファームウェア更新で対応する。(2022/5/19)

ソニーがノイキャンイヤフォン「LinkBuds S」発表 “穴なし”構造でLDAC対応
ソニーは、ノイズキャンセル(NC)機能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S WF-LS900N」を6月3日に発売する。市場想定価格は2万6000円(税込み)。カラーはエクリュ、ホワイト、ブラックの3色を用意する。(2022/5/19)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

これでサブスクは不要? PCなしでCD楽曲をスマホに取り込める「CDレコ6」徹底レビュー
Apple MusicやAmazon Music Unlimitedなどをはじめ、サブスクサービスによってこれまで聞かなかったジャンルの音楽を気軽に聞けるようになった。とはいえ昔から気に入っている曲をCDで持っているなら、スマホでも聞きたい。PCなしでCDの音源を取り込める「CDレコ6」を紹介する。(2022/5/16)

Google I/O 2022基調講演まとめ
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2022」の基調講演で発表された主なことをまとめた。詳細は項目ごとの「別記事」を参照されたい。今年は盛りだくさんだった。(2022/5/12)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
14個のスピーカーを組み込んだTesla Model 3は空間オーディオ、ハイレゾを楽しめる?
Tesla Model 3 ロングレンジは14個のスピーカーを搭載している。これらを駆使してどのようなサウンドを奏でることができるのか、ご紹介しよう。(2022/5/9)

Spotify Stations、5月16日に終了
Spotifyは、2018年にオーストラリアでテスト公開したアプリ「Spotify Stations」を5月16日に終了する。ユーザーが作成したステーションはメインアプリに移行できるが、新たにカスタマイズすることはできなくなった。(2022/5/7)

障害不可避、その技術的問題とは?:
Spotify、Coinbase、Slackなど大手Webサイトやアプリの2022年第1四半期の大規模障害事例トップ5を報告、Uptime.com
Uptime.comは、2022年第1四半期に発生した企業Webサイトやアプリケーションの大規模障害の事例を5つ取り上げ、「Top 5 Outages of Q1 2022」として報告した。(2022/4/27)

保険マンモス調べ:
利用者がおすすめするサブスク 3位「Apple Music」、2位と1位は?
保険相談サービスを提供する保険マンモス(東京都港区)が、男女500人を対象に、サブスクリプションサービスについてアンケート調査を実施した。利用しているおすすめのサブスクを尋ねたところ、「Amazon Prime Video」(158人)、「Netflix」(124人)が上位となり、半数以上を占めた。(2022/4/23)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
3G時代を盛り上げた「着うたフル」からサブスクまで 携帯の音楽配信を振り返る
4Gから5Gへと切り替わる今、有料動画配信サービスをいつでもどこでも楽しめるのが、当り前の光景になりつつある。同様に今から20年ほど前、2Gから3Gに切り替わる時代に芽吹き、その後当り前の光景として定着していったのが音楽配信サービスだ(2022/4/17)

「Fjord Trends 2022」を読む:
パンデミック後の生活者 マーケターなら押さえておくべき5つのトレンドとは?
2022年に押さえるべき世界の最新デザイントレンドをまとめたレポート「Fjord Trends 2022〜新たな日々を織り成すもの〜」から、ビジネスの在り方を再設計するためのヒントを学ぶ。(2022/4/14)

Spotify、「Greenroom」を「Spotify Live」に改称しメインアプリでも聴けるように
Spotifyは、昨年6月に開始した「Clubhouse」のようなライブオーディオサービス「Greenroom」を「Spotify Live」に改称した。単体アプリ名も変わった。また、Spotifyアプリでもライブを聴けるようになった。(2022/4/13)

Amazonプライム・ビデオ、日本だとApple TVより407倍人気 Appleが分析結果を公開
米Appleは、米Analysis Groupのエコノミストが発表したサードパーティーアプリに関する報告書を紹介する形で、自社アプリよりもサードパーティーアプリが人気を獲得しているとの分析を発表した。(2022/4/11)

「カービィの曲だと思ったのに」「間違い探し」 クラフトボスのキャンペーン、「ラベルの絵で特典を見分ける」のが難しいと話題に サントリーに意図を聞いた
よーく見ないと違いがわからない。(2022/4/8)

マーケティングチャネルとしての存在感を増す音声SNS
Amazon版Clubhouse「Amp」の本命用途は遊びじゃなくて“あの用途”
Amazonは北米で音声SNS「Amp」のβ版を提供開始した。「Clubhouse」や「Twitter Spaces」など、音声SNSは企業の新たなマーケティングチャネルとなりつつある。アナリストが注目するAmpの用途は。(2022/4/7)

「響け!ユーフォニアム」関連楽曲250曲以上がサブスク解禁! 第6回定期演奏会は5月に開催
ユーフォニアムの世界に浸れる至福。(2022/4/4)

家族で使える壁掛けスマートディスプレイ Amazon製品担当者が語る「Echo Show 15」
(2022/3/30)

Spotify、「COVID-19情報」へのリンク表示をロールアウト
Spotifyが1月末に約束した新型コロナ関連のPodcastエピソードへのラベル追加が3月28日ごろから確認できるようになった。ジョン・ローガン氏のアンチワクチンエピソードに反対するニール・ヤングなどによるボイコットで話題になった問題への対策だ。(2022/3/29)

『呪術廻戦』「呪胎戴天編」の新ビジュアルが公開 メディアミックスを加速
テレビアニメ『呪術廻戦』の「呪胎戴天(じゅたいたいてん)編(第1〜8話)」の新ビジュアルが公開された。同アニメは第1期の再放送が4月3日に、MBS・TBS系の全国28局ネットで放送を開始する。放送前にビジュアルを打ち出すことで話題性を高めたい狙い。(2022/3/26)

創業6年で年商40億円:
日本のお菓子を海外に届けるサブスクが絶好調 後発のベンチャー企業が世界シェアトップクラスになった理由
都内の日系ベンチャーが手掛ける、日本のお菓子や雑貨を届ける海外向けのサブスクサービスが外国人の大きな注目を集めている。運営元のトップに取材した。(2022/3/24)

Google、アプリストア以外でのサブスク料金支払オプションのテスト開始へ まずはSpotifyと
GoogleがSpotifyと提携し、サブスク料金の支払い方法のオプションを提示するテストを開始する。アプリ上でGoogle Play以外での支払いを選択できるようにする。(2022/3/24)

Spotify、3月8日に起きた世界規模のログイン障害について原因を報告 Google Cloudの障害が影響
スウェーデンSpotifyが、3月8日に起きた2時間以上にわたる障害の原因を報告。Google Cloudの「Traffic Director」の障害が引き金だったという。(2022/3/16)

渡辺直美、ポッドキャスト番組を開始 米NYに“バカでかい広告”掲出「英語喋れないのを逆に個性にした」
日本でもSpotifyで聞けます。(2022/3/2)

Spotify初のハードウェア「Car Thing」、90ドルで発売
Spotifyが同社初のハードウェア製品「Car Thing」を米国で発売した。車のダッシュボードに取り付けるSpotify専用リモコンのようなもので、価格は89.99ドル(約1万円)。Spotify Premiumアカウントとモバイルアプリ搭載スマートフォンが必要だ。(2022/2/23)

カニエ・ウェスト、新アルバムは独自音楽プレーヤーでのみリリース
カニエ・ウェストのニューアルバム「Donda 2」はストリーミングサービスでは配信されない。200ドルの音楽プレーヤー「Stem Player」でのみ入手可能だ。アルバム入りStem Playerは発売初日だけで1万1000台売れた。(2022/2/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
ソニーが放つ、アナーキーな完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」 あなたの耳にもしっくりくる?
ソニーが発表して話題を呼んでいる穴開き完全ワイヤレスイヤフォンについて語り合いました。(2022/2/17)

「Xperia Ear Duo」との関係は?:
「オンライン」と「リアル」がリンクする――ソニーが語る“耳をふさがない”ワイヤレスヘッドフォン誕生の背景
ソニーが2月25日、新型のワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds(リンクバッズ)」を発売する。その発表会で担当者が語ったことを交えつつ、この製品の特徴を解説する。(2022/2/16)

ソニー、穴が空いたイヤフォン「LinkBuds」を国内販売 2万3000円前後
ソニーは16日、穴が空いたイヤフォン「LinkBuds」(リングバッズ)を日本でも発表した。25日から実売2万3000円前後で販売する。(2022/2/16)

ソニーが新型ワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds」を2月25日に発売 耳をふさがないリング型ドライバーユニットを搭載
ソニーが新型ワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds」を発売する。耳をふさがないリング型ドライバーユニットを搭載し、AI学習したアルゴリズムで環境ノイズを抑えて装着者の声をクリアに抽出する。(2022/2/16)

米Sony、穴が空いた完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」発表 音声ARで米Nianticと協業へ
米Sony Electronicsは15日(現地時間)、環状のドライバーユニットを搭載した新コンセプトの完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」を発表した。Microsoft、Spotify、Nianticとの協業も。(2022/2/16)

パパ大好きっ子! エミネム、“26歳の美人娘”が「スーパーボウル」ハーフタイムショーを生応援
いい親子。(2022/2/15)

つるの剛士、5歳次男の“昭和シティポップ”歌唱動画を公開 遺伝を感じさせる姿が「もうすでに上手い」「熱唱顔似てる」と反響
松原みき「真夜中のドア〜Stay With Me」がお気に入り。(2022/2/11)

Alexa対応で何が変わる? スマートスピーカー付きメッシュルーター「Deco Voice X20」で在宅勤務の環境を改善!
TP-LinkのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応メッシュWi-Fiルーター「Deco Voice X20」は、Amazon Alexa対応のスマートスピーカー機能を統合していることが特徴だ。メッシュWi-Fiルーターにスマートスピーカーが統合されると、どのようなメリットがあるのだろうか。実際に試してみよう。(2022/2/10)

ウォークマンに最高級「シグネチャーシリーズ」6年ぶりに登場 価格は40万円
ソニーは9日、ポータブルオーディオ製品の最上位モデル「Signature Series」(シグネチャーシリーズ)のウォークマン「NW-WM1ZM2」を発表した。店頭価格は40万円前後(税込)。(2022/2/9)

オンラインフィットネスのPeloton、経営不振でCEO交代 2800人リストラ
コロナ禍で急成長した後成長が鈍化しているオンラインフィットネスのPeleton Interactiveが共同創業者のCEO辞任を発表した。後任はSpotifyやNetflixでのCFO経験を持つ。(2022/2/9)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「ボヘミアン・ラプソディ」みたいな曲できる? Appleが買収したAI作曲ベンチャーが何者か気になる
Appleが買収したAI作曲を手掛けるベンチャー「AI Music」が何者か調べたら、意外と面白かった。(2022/2/8)

Spotify、ジョー・ローガン氏の人種差別的コンテンツを削除 ローガン氏はInstagramで弁解
新型コロナ関連誤情報を配信する人気Podcastの放置で非難されているSpotifyが、当該Podcastの約70のコンテンツを削除した。削除したのは人種差別的な内容のもので、新型コロナ関連は残っている。(2022/2/7)

Spotify、PodcastのMAUは2桁増加 「ジョー・ローガンもポリシーに従う」とエクCEO
Spotifyは業績発表で、Podcastを利用したMAUが2桁増加したと語った。エクCEOはジョー・ローガン氏のPodcastの問題について「表現と安全のバランスを取るよう努めている」と説明した。(2022/2/3)

ジョー・ローガン氏、Spotifyで物議を醸している新型コロナコンテンツについてInstagramに動画投稿
Spotifyからの複数ミュージシャン撤退の原因となっているPodcastのクリエイターが、この件についての動画をInstagramに投稿した。問題とされているコンテンツは「主流と意見を異にする専門家との会話」であり、自分では正否は分からないと語った。「将来的にバランスを取るために最善を尽くす」(2022/1/31)

Spotify、新型コロナ関連コンテンツ対策を説明 JREへの批判を受け
独占契約中の人気Podcastによる新型コロナ関連の誤情報配信で批判を浴びているSpotifyがようやく対策を発表した。クリエイター向けルールを公開し、ルールに違反するコンテンツは削除し、場合によってはアカウントを停止あるいは終了する。(2022/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。