ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Assistant」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Assistant」に関する情報が集まったページです。

Googleさん:
Googleの情報収集は邪悪か?
Googleが1年前から表示している「Googleアカウント」の「購入」タブについて、「こんなに情報を集めてるなんて!」と驚いた記事が話題を集めています。(2019/5/19)

「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する
ASUSが新フラグシップスマホ「ZenFone 6」を発表した。ノッチのない狭額縁ディスプレイとモーターで駆動するフリップカメラが特徴。ASUS本社で実機に触れる機会を得たので、本機の新しさを徹底解説する。(2019/5/17)

アプリケーション連携やセキュリティ機能を強化
ExcelやWordファイルを無変換で編集可能に 「G Suite」の最新機能まとめ
Googleは「G Suite」の最新アップデートで、「Microsoft Office」との連携機能や新しいセキュリティ機能を追加した。G Suiteはビジネスの利用に以前より適したツールになる可能性がある。(2019/5/16)

ついに市販化:
スマートリモコン「エッグ」が5月31日から店頭販売開始
5月14日、キングジムがスマートリモコン「エッグ」の店頭販売を5月31日から行うと発表した。(2019/5/14)

スシロー、「Ok Google」で来店予約可能に “旬”の技術で接客を変革
大手回転すし店のスシローが、「Google アシスタント」を活用した来店予約の受付を開始。スマートフォンに「Ok Google、スシローで今から4名」などと話し掛け、行きたい店舗を口頭で伝えると予約が完了する。予約方法を充実させて他社との差別化を図り、国内回転すし市場トップの座を固める狙いがある。(2019/5/13)

「うんちの回数は何回でしたかニャン?」 Googleアシスタントが子猫の育成サポート
子猫の育て方を音声で案内してくれるGoogleアシスタント対応アプリ「育ニャンナビ」が登場した。(2019/5/13)

Pro IGZO搭載、カメラ機能も強化した「AQUOS R3 SHV44」 auから登場【写真追加】
KDDIが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS R3 SHV44」を5月下旬に発売する。前モデル「AQUOS R2」からディスプレイやカメラ機能を強化したシャープのフラグシップモデル。au独自カラーのピンクアメジストを用意する。(2019/5/13)

ITはみ出しコラム:
「Pixel 3a」は日本で人気スマホになれる? Pixel 3ユーザーから見た“違い”
うわさ通り「Pixel 3」の下位モデルとなる「Pixel 3a」が登場。Pixel 3ユーザーの筆者が比較してみました。(2019/5/12)

arrows初の「デュアルカメラ」も:
5年半ぶりのソフトバンク向け 万人向けの役立つエントリースマホ「arrows U」登場
ソフトバンクから5年半ぶりの「arrows」が登場する。スマートフォン初心者でも使いこなせることを目指し、「Googleアシスタント」ボタンや「シンプルホーム」を搭載。arrowsとしては初となるデュアルカメラでポートレート撮影も可能だ。(2019/5/10)

Google I/O 2019:
Google I/Oプライバシー関連まとめ──Chromeのcookie対策やシークレットモード
Google I/Oで発表されたプライバシー関連の取り組みをまとめた。「すべての人のためにより役立つGoogle」を目指すためにユーザーデータの収集は必要なので、データ収集に当たってはより安全に、透明性を強化していく。さらに、データを集めずに機械学習する「Federated Learning」も紹介した。(2019/5/9)

Google I/O 2019:
Google I/O 2019まとめ 「AI for Everyone」、Pixel 3aも発表
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2019」で発表されたことを時系列にまとめた。今年のテーマは「「Building a more helpful Google for everyone」。AI採用のアクセシビリティ機能や「Googleアシスタント」の新機能、手ごろな価格の「Pixel 3a」などが発表された。(2019/5/8)

Google I/O 2019:
「Nest Hub Max」発表 「Nest Hub」(旧Home Hub)は日本でも発売
Googleがスマートディスプレイのブランドを「Nest」に変え、「Google Home Hub」を「Nest Hub」に改名し、上位モデル「Nest Hub Max」を発表した。「Nest Hub」は日本でも発売する。(2019/5/8)

Google、新スマホは廉価版 「Pixel 3a/3a XL」発表 4万8600円から FeliCaも対応
米Googleが自社開発の新型スマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発表した。価格を抑えた廉価版モデル。(2019/5/8)

「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」発表 3と同等のカメラ性能でFeliCaあり 4万円台から
GoogleがスマートフォンPixelの新モデル「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発表。5月17日に発売する。価格(税込)はPixel 3aが4万8600円、Pixel 3a XLが6万円。ハイエンドモデル「Pixel 3」「Pixel 3 XL」と同等のカメラを搭載している。(2019/5/8)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
Androidのバッテリーを節約する10の方法
スマートフォンのスタミナは、設定によって変わる。設定項目が多く、柔軟度の高いAndroidでは、まず何をすればいいのかが見えにくいものだ。本稿では、バッテリー持ちを長引かせるために活用したい10個の設定をご紹介しよう。検証にはAndroid 9搭載の「Pixel 3」を用いている。(2019/5/6)

Googleさん:
Google I/Oを予想する 低価格Pixel、Stadia、カメラ付きスマスピ
10連休が明けると「Google I/O」です。「Pixel 3a」発表は確定として、他には何が発表されるのか、うわさをまとめてみました。(2019/5/4)

「Wear OS」の左にスワイプの割当変更で各種「タイル」が表示されるように
GoogleのスマートウォッチOS「Wear OS by Google」で、左にスワイプすると「次の予定」などの各種「タイル」が表示されるようになった。タイルは追加・削除、順番変更が可能だ。(2019/5/3)

サムスンのワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」登場 AirPodsと使い比べてみた
サムスン電子が、新たなワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」を5月下旬に発売する。GalaxyをはじめとするAndroidスマートフォンは、「Galaxy Wearable」アプリからペアリングや各種設定を行える。iPhoneでも使えるので、AirPodsと使用感を比較した。(2019/4/25)

英政府、スマスピで1万2000件以上の問い合わせに対応 AlexaとGoogleアシスタントで
英政府がAmazonとGoogleのスマートスピーカーで政府情報を音声で調べられるようにした。「Alexa、パスポートの取り方は?」など、1万2000件の質問に音声で答える。(2019/4/22)

ITはみ出しコラム:
AmazonとGoogleの動画サービス締め出し合戦が終結 そして新たな競争が始まる?
ユーザー不在の動画サービス締め出し合戦を続けてきたAmazonとGoogleが、ついに終戦宣言ともいえるプレスリリースを出しました。新たなライバル台頭の予兆もあり、ケンカどころじゃなくなったのかもしれません。(2019/4/21)

「Google Home」で「YouTube Music」が無料で利用可能に(広告付き)
「Googleアシスタント」搭載スマスピで、広告付き無料版の「YouTube Music」の音楽を流せるようになった。(2019/4/19)

Google Cloud Next '19:
「G Suite」、Googleアシスタント対応や動画チャットのキャプション、Office編集などの新機能
Googleがグループウェアスイート「G Suite」の多数の新機能を発表した。「Googleアシスタント」のG Suiteのカレンダーのサポート、「ハングアウトMeet」の自動字幕、「Microsoft Office」文書をそのまま編集・保存する機能などだ。(2019/4/11)

音声検索の時代 後編:
音声検索のアルゴリズムに対する準備、企業が今すぐ始めるべきこととは?
消費者の情報取得行動を企業の都合でコントロールするのは困難だ。音声検索になじんだ動線作りをどう考えればいいのだろうか。Yext幹部による特別寄稿後編。(2019/4/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
合体してAlexaスマートディスプレイに変身するレノボのAndroidタブレットを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はタブレットとドックを合体させることでAlexa搭載のスマートディスプレイとして利用できる、レノボの「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」を試してみた。(2019/4/9)

Android版「Googleアシスタント」の画面での返事がリッチに(広告も表示)
「Googleアシスタント」のAndroid端末版のレスポンスがアップデートでよりリッチになる。情報をカード状にして表示したり、その場で使えるメトロノームや水準器を表示したり。関連性が高い場合は広告も表示する。(2019/4/8)

AmazonがAirPods対抗Alexa搭載無線イヤフォン開発中とのうわさ
Amazonが、AIアシスタント「Alexa」搭載のオリジナル完全無線イヤフォンを開発中だと、Bloombergのマーク・ガーマン記者が報じた。AppleのAirPodsより安い価格で、下半期に発売される見込みとしている。(2019/4/5)

音声検索の時代 前編:
音声検索の普及がビジネスに与える影響とは何だろうか
台頭する音声検索に企業のマーケティングはどのように対応していくべきか。デジタルナレッジ管理(DKM)プラットフォームを提供するYext幹部による特別寄稿前編。(2019/4/15)

Googleアシスタントの電話代行「Duplex」、iPhoneでも利用可能に(米国で)
Google I/O 2018で発表された「Googleアシスタント」によるショップやレストランへの電話予約代行サービス「Google Duplex」が、Pixelシリーズ以外のAndroid端末およびiOS端末で利用できるようになった。同サービスは現在、米国47州で英語でのみ使える。(2019/4/4)

Walmart、Googleアシスタントでの音声ショッピングを可能に
Amazonと競合する米小売り最大手のWalmartが、「Googleアシスタント」による音声ショッピング機能の提供を開始した。Amazonのプライム会員向けAlexa音声ショッピングに対抗する。(2019/4/3)

UIデザインの次の大きな波
Google Empathy Labのアプローチは“デザイン感覚” 共感型UIを追求する
Google Empathy Labの責任者であるダニエル・クレテック氏が、国際カンファレンス「Wisdom 2.0」で、UIデザインの次の大きな波について解説した。それは人々の痛みや幸福といった感情を感じる技術だ。(2019/4/2)

開発者が注目するAIテクノロジー
AWS、Google、Azureの自然言語処理APIを比較 長所短所は?
クラウドによってAIテクノロジーが利用しやすくなり、アプリケーションに自然言語処理を組み込もうと考える開発者が増えている。(2019/4/2)

アレクサに「新しい元号を教えて」と聞くと、出典や施行日まで詳しく教えてくれた
平成の次の元号が「令和」に決まった。AlexaやGoogleアシスタントは、昼過ぎの時点で既に新元号を知っており、「新元号は?」などとと聞くと教えてくれる。特にAlexaはとても詳しい。(2019/4/1)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Siriは新元号「令和」をいつ覚えるの?
平成の次の元号が決まった。OSの対応はしばらく後になるが、音声アシスタントの対応は早いはず。(2019/4/1)

実はリモコンと同じ操作が“声”で全部できるシャープの「AQUOSブルーレイ」
シャープが3月29日に発売した「AQUOSブルーレイ」は、スマートスピーカーなどから音声で操作できるレコーダーだ。その使い方を紹介しよう。(2019/3/30)

「HUAWEI P30」シリーズ徹底解説 Proは「暗所撮影」と「ズーム機能」が驚異のレベルに
Huaweiが「HUAWEI P30」シリーズを発表。「Rewrite the Rules of Photography(写真の法則を書き換える)」というキャッチの通り、カメラ機能を大きく強化した。特に進化したのが、P30/P30 Proの暗所撮影機能と、P30 Proのズーム機能だ。(2019/3/27)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Googleの新サービス「STADIA」はゲーム業界を塗り替えるか
Googleが発表した新ゲームストリーミングサービス「STADIA」は、これまでのコンピュータゲーム業界の勢力図を大きく変える可能性がある。(2019/3/20)

ブラウザに4K、60fpsでストリーミング:
Googleがゲームストリーミングの「Stadia」発表、「データセンターがプラットフォームだ」
Googleは2019年3月19日(米国時間)、ゲーム開発者向けのカンファレンスで、新たなゲームストリーミングプラットフォーム「Stadia」を発表した。同社のデータセンターとネットワークを最大限に活用している。(2019/3/20)

Google、4Kゲームストリーミングサービス「STADIA」を年内立ち上げへ 独自コントローラも
Googleが、ゲームストリーミングサービス「STADIA」を発表した。Chromeブラウザやスマートフォンなどクロスプラットフォームでクラウド上の4Kゲームをプレイでき、YouTubeでのゲーム実況も可能。オリジナルコントローラを使えばGoogleアシスタントで音声で操作の質問ができる。(2019/3/20)

ソフトバンクのサービスや料金プラン、Googleアシスタントで質問可能に
ソフトバンクは、Googleアシスタントへ話し掛けると同社のサービスや料金プランなどを教えてもらえるサービスを開始。「OK Google, ソフトバンクにつないで」と呼び掛けると、料金プランやキャンペーン、データ通信量、契約状況などを確認できるようになる。対象はGoogle Pixel 3などのAndroidスマホや、Google Home/GoogleアシスタントのアプリをインストールしたiPhone。(2019/3/18)

バーチャルお天気キャスターが花粉情報配信 ウェザーニューズがGoogleアシスタントで
ウェザーニューズがGoogleアシスタント対応アプリ「ウェザーロイドAiri」で花粉情報と桜の開花予想の提供を開始。Googleアシスタントを使って「千葉市の花粉情報を教えて」などと尋ねると、バーチャルキャラクターの声で回答する。(2019/3/18)

BAS:
音声や文字入力で“手を使わず”に照明・空調を操作するビル設備システム、Google Assistantで解析後にDialog flowで変換
竹中工務店は、神田通信機と共同で、音声・文字認識AI制御システム「ツイートREMO」を開発した。スマホやAIスピーカーを通して、文字入力または音声の言語指令をクラウド上のAIで変換し、ビル設備システムに指令を送ることで、照明や空調、換気、防犯などの各設備機器の操作を手を使わずに行うことが可能になる。(2019/3/14)

Google、「スマートディスプレイ」で「続けて会話」を有効に
Googleが、すべての「Smart Display」製品の米国英語版Googleアシスタントで「続けて会話」できるようにした。(2019/3/11)

病院や福祉施設にも? 声や文字でビルの照明や空調を操作できる“スマートリモコン”システム、竹中工務店から
竹中工務店らは、照明や空調、換気、防犯設備などのビル設備を、スマートスピーカーやスマートフォンを介した音声や文字で制御できるシステム「ツイートREMO」を開発。ビルネットワークの国際標準規格BACnetに対応し、病院や福祉施設、オフィスなどでの活用を見込む。(2019/3/11)

「Googleアシスタント」専用物理ボタン付きスマホ、LGに続きNokiaやXiaomiからも
Googleによると、物理的な「Googleアシスタント」専用ボタン付きのスマートフォンが2019年中に1億台出荷される見込み。既に提供しているLGの他、Nokia、Xiaomi、TCL、Vivoからも登場する。(2019/2/26)

「Googleアシスタント」がAndroidアプリ「メッセージ」でも利用可能に
Googleの公式RCSアプリ「メッセンジャー」で、「Googleアシスタント」が利用可能になる。会話の内容に即した情報を適宜提供する。まずは英語版から。(2019/2/26)

キングジムの「リンクタイム」がGoogleアシスタント対応に
キングジムのスマート目覚まし時計「リンクタイム」がGoogleアシスタントをサポートした。Alexa対応は今後の予定だ。(2019/2/25)

カセット、スケボー、目覚まし時計:
AIなど最先端技術を駆使 レトロな商品が新しくよみがえる!
今週ご紹介するエンターテインメントは、産経ニュースの本コラムでは珍しい、面白グッズに関する話題でございます。(2019/2/25)

2万9000機器のリモコンを1台で代替 スマホで制御できる学習リモコン「エッグ」がキングジムから
帰宅時に照明を自動で点けるといった、高度な制御も。(2019/2/20)

「もう床掃除を気にする必要はない」 家の間取りを覚える「ルンバi7+」発売 自動ゴミ収集機も
アイロボットジャパンが新しいフラグシップモデル「ルンバi7+」を発表した。家の間取りを記憶して掃除効率を上げたほか、ゴミ捨ても半自動化。「もう床掃除を気にする必要はない」という。(2019/2/19)

Apple、音声アプリ開発企業「Pullstring」を買収
元Pixar幹部らが立ち上げた音声ベンチャーをAppleが手に入れた。(2019/2/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。