ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Assistant」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Assistant」に関する情報が集まったページです。

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第5回】
「Google Pixelbook Go」は仕事で使えるか? “Google純正Chromebook”の中身
「Chrome OS」の開発元であるGoogleが、自ら販売する「Google Pixelbook Go」。ビジネス向け「Chromebook」として、Google Pixelbook Goにはどのような特徴があるのか。簡潔に紹介する。(2022/1/9)

Googleを特許侵害で提訴したSonosが勝訴 GoogleはNest端末の臨時対応を告知
Sonosが特許侵害でGoogleを提訴した裁判で、米ITCが最終判決を下した。Googleがスマートスピーカーに関する5つの特許を侵害しているという判断だ。Googleはユーザーに対し、「判決に対処するため、デバイスのセットアップ方法に変更を加えた」と告知した。(2022/1/7)

CES 2022:
Google、AndroidとWindows、スマートホームなどの連携機能を多数発表
GoogleはCES 2022に合わせ、「everything works better together on Android」な新機能を多数発表した。いずれも向こう数カ月中から年内実現の予定。一部のWindows PCで「Fast Pair」が利用可能になる。(2022/1/6)

TP-Link、スマホで発光制御ができるLEDテープライト
ティーピーリンクジャパンは、好きな長さにカットして使えるテープ型デザインのLEDライト「Tapo L900-5」を発表した。(2021/12/20)

Googleさん:
2代目「Pixel Stand」はPixel 6をどう使いやすくしてくれるのか
10月に「Pixel 6」シリーズと同時に発表されたものの、12月にようやく出荷が始まった無線充電スタント「Pixel Stand(第2世代)」。さっそくPixel 6 Proを充電し、ファンも回してみました。(2021/12/18)

実売6000円台のXiaomi「Mi スマートスピーカー」を試して分かったこと
シャオミ(Xiaomi)から、Google アシスタント対応のスマートスピーカーが登場した。税込みで実売6480円という手頃なモデルを使ってみた。(2021/12/10)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Nokiaからタフなアウトドア向け5Gスマホ「XR20 5G」が発売
Nokiaブランドのスマートフォン新製品を投入しているHMD Globalから、ちょっと変わったモデルが出てきました。アウトドア仕様のタフなスマートフォン「Nokia XR20」です。本体は樹脂製ですが割れにくい構造のようで、背面は滑り止め加工がされています。(2021/12/8)

iOS端末でヘッドフォンから「Googleアシスタント」呼び出し不可に 12月7日から
12月7日から、iPhone/iPadと接続したイヤフォン/ヘッドフォンから米Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」を呼び出すことができなくなる。(2021/12/7)

Androidにこの冬追加予定の7つの新機能 BMWの「デジタル・キー」対応など
Googleは、Android端末で使えるようになる7つの新機能を紹介した。Googleアシスタントの「ファミリーベル」や新ウィジェットなどだ。BMWの「デジタル・キー」にも一部機種が対応する。(2021/12/3)

TP-Link、パン/チルトにも対応した無線ネットワークカメラ「Tapo C210」
ティーピーリンクジャパンは、無線LAN接続対応ネットワークカメラ「Tapo C210」の国内販売を開始する。(2021/12/2)

「Arlo Essential」を使って今時のホームセキュリティを考える
今やドライブレコーダーの装備は当たり前となったが、自宅時間が増える中で、「ホームセキュリティ」を意識する機会も多くなった。Arloの屋内用カメラで、そのあたりのことを考えてみた。(2021/11/15)

+Style、最大128GBのmicroSDカードに対応したセキュリティカメラとホームカメラを発売
+Style(プラススタイル)が、「+Style セキュリティカメラ」と「+Style ホームカメラ」を発売した。最大128GBのmicroSDカードに対応し、Google アシスタントやAmazon Alexaとも連携する。(2021/11/11)

ふぉーんなハナシ:
Androidスマホに慣れた人が「Android 12(Pixel 6)」を使うときに気を付けたい2つのポイント
Android 12がリリースされました。新たなUI「Materials You」の採用が大きな特徴ですが、そのリードデバイスである「Pixel 6シリーズ」では気を付けるべき仕様変更が2つあります。筆者も戸惑ったポイントを解説します。(2021/11/5)

独自プロセッサ×音声認識が“文字起こし”に革命を? 「Pixel 6 Pro」全力レビュー(後編)
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 6 Pro」は、独自プロセッサ「Google Tensor」を搭載している。これが、機械学習ベースのAI処理に大きな改善をもたらしており、カメラの画像処理だけでなく音声認識処理で大活躍する。普段使いのスマホとしての利便性と合わせてチェックしていこう。(2021/11/1)

DisneyとAmazonの提携で生まれた新サービス
ミッキーマウスが音声アシスタントに Alexaベースの「Hey Disney!」の仕組み
DisneyはAmazonとの提携で音声アシスタント「Hey Disney!」を開発し、「Walt Disney World Resort」のホテルに導入する。誕生の鍵となったのは「Alexa Custom Assistant」というホワイトラベルサービスだ。(2021/11/2)

「Xperia PRO-I」の実機に触れて撮影してみた レンズの出っ張りや可変絞り機能はどう?
カメラ機能に特化したプロ向けスマートフォン「Xperia PRO-I」の実機に触れた。1型センサーを搭載しているということでレンズの大きさが気になるが、出っ張りはどうか。AFの精度や可変絞り機能も試した。(2021/10/27)

Googleさん:
Pixel 6 Proのカメラバーが思いのほか便利な理由 翻訳・字幕も試してみた
Googleの久しぶりのハイエンドスマートフォン「Pixel 6 Pro」。背面をどーんと横断するカメラバーは使ってみたら便利です。「Google Tensor」による英語から日本語へのリアルタイム翻訳字幕や日本語音声文字変換も使ってみました。(2021/10/26)

Xiaomi、メタルボディーの「Mi Smart Speaker」を11月下旬以降に発売
Xiaomiは、11月下旬以降にメタルボディのスマートスピーカー「Mi Smart Speaker」を発売。各種スマートデバイスを音声でコントロールでき、複数台の設置でサラウンド効果も楽しめる。(2021/10/21)

Xiaomi、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「Mi Smart Speaker」
Xiaomi Japanは、各種IoT機器のコントロールにも対応したスマートスピーカー「Mi Smart Speaker」を発表した。(2021/10/21)

オートペアリング対応の小型ワイヤレスヘッドフォン エレコムから
エレコムは、10月下旬に完全ワイヤレスヘッドフォン「LBT-TWS11」シリーズを発売。充電ケースを開ければ自動でペアリングする機能を備え、充電ケースを含めると合計で最大約12時間使用できる。(2021/10/19)

1.08億画素カメラ搭載 5Gスマホ「motorola edge20」「motorola edge20 fusion」が日本上陸 10月22日発売
Motorola(モトローラ)の「motorola edgeファミリー」のスマートフォンが日本市場に初めて投入される。5G対応で1.08億画素のアウトカメラを備える「edge20」と、その廉価モデルである「edge 20 fusion」が10月22日に同時発売となる。【更新】(2021/10/19)

Anker、通話もできるスピーカー付きメガネ「Soundcore Frames」を200ドルで発売
Anker Innovatonsはスピーカー付きメガネ「Soundcore Frames」を発表した。11月に北米などで発売する。価格は199.99ドル(約2万3000円)だ。(2021/10/14)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーとしての実力は? Sonosのポータブルスピーカー「Sonos Roam」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はユニークなスマートスピーカー「Sonos Roam」を試してみた。(2021/10/13)

前モデルやXperia 1 IIIとはどこが違う? 写真で解説する「Xperia 5 III」
「Xperia 5 III」はドコモ、au、ソフトバンクでの取り扱いも同時に発表され、11月中旬以降に発売される予定。焦点距離を切り替えられる可変式望遠レンズを含む3眼カメラを搭載しながら、幅68mmのコンパクトなボディーを実現した。Xperia 5 IIIの国内版の実機に触れられる機会を得たので、外観を中心にチェックする。(2021/10/8)

Anker、4K出力にも対応したAndroid TV搭載ストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」
アンカー・ジャパンは、4Kでの高解像度出力をサポートしたストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」を発表した。(2021/10/6)

ドコモから京セラ製の「あんしんスマホ」 ケータイ風のボタン配置、ワンタッチで画面メモ撮影
NTTドコモは6日、京セラ製の「あんしんスマホ KY-51B」を発表した。これからスマホデビューするシニア層を対象とした製品で、通話キーやメールキーを装備。スマホならではの使い方を紹介するコンテンツも提供する。【更新】(2021/10/6)

Androidにこの秋追加予定の13の新機能 TVリモコンや「Camera Switches」など
Googleが今秋追加予定のAndroidの新機能を13個紹介した。既にPixelシリーズでは使えるものが多い。「Google TV」アプリが日本でも公開され、Android TV対応テレビをスマートフォンでつけられるようになる。(2021/9/24)

ホンダの新型車、ナビに直接「Googleマップ」表示へ スマホ不要に
ホンダがGoogleと車載サービスで連携。スマホを使わず、ナビ画面から直接Googleマップなどを利用できる。(2021/9/24)

製品動向:
防火設備仕様の住宅ガレージドア「フラムヴェスタ」発売
文化シャッターは、同社の住宅用オーバースライディングドア「フラムヴェスタ」を首都圏エリアで先行発売している。車2台分、最大間口6メートルの防火設備仕様のガレージ商品。スマートフォンで屋内外から開閉できる。(2021/9/15)

+Styleが「スマートカーテン」を発売 スマホからカーテンの自動開閉が可能に
プラススタイルが、+Styleブランドのオリジナル製品として、カーテンを自動開閉できる「スマートカーテン」を10月7日に発売する。スマホアプリから時間を指定して開閉でき、画面上で開閉割合を指定することもできる。アプリの「スマートモード」を活用し、時間、天気、温度、湿度などの条件に応じてカーテンを自動開閉させることもできる。(2021/9/8)

「Cortana」ビジネス利用への期待と懸念【後編】
「Cortana」ビジネス利用時の懸念 プライバシーはどうなる?
仮想アシスタント「Cortana」の音声コマンドで「Microsoft Teams」を操作する機能は大きなメリットであり、仕事のやり方を一新する可能性もある。だがセキュリティとプライバシーには問題はないのか。(2021/9/7)

「Cortana」ビジネス利用への期待と懸念【前編】
「Cortana」は「Teams」用仮想アシスタントとして生き残るのか?
Microsoftは「Cortana」を、いわば「Alexa」「Siri」の企業向けバージョンのような位置付けに置き、「Microsoft 365」アプリケーションを音声操作するメリットを広めようとしている。このアプローチは成功するのか。(2021/8/25)

Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」に廉価版 音質を維持しつつも直販価格は1万1900円に
Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」に、廉価版「Pixel Buds A-Series」が登場する。基本スペックは維持しつつ、ウィンドノイズの低減機能などを省くことで8800円(直販価格ベース)の値下げを実現した。(2021/8/18)

ソニー「WF-1000XM4」を試す ノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤフォンで圧倒的な完成度
ソニーが6月25日に発売したワイヤレスイやフォン「WF-1000XM4」を試す。ハイレゾ音源を楽しめるLDACに対応し、歩く、走るといった行動に対して最適なノイズキャンセリング設定を行う機能も搭載。音源の聞き心地や装着感など、気になったポイントをじっくりと確認する。(2021/8/5)

モバイルディスプレイとしても使える「Yoga Tab 13」が8月6日発売 税込みで9万円弱
LenovoがMWC Barcelona 2021に合わせてリリースしたYoga Tabの新モデルが日本に上陸する。13型モデルはMicro HDMI入力端子を備えモバイルディスプレイとしても利用できる。(2021/7/28)

PR:新次元のカメラとディスプレイを搭載 生まれ変わった「AQUOS R6」徹底レビュー
シャープのフラグシップスマートフォン「AQUOS R6」が発売された。目玉は、スマートフォンとしては最大級(※2021年5月17日時点のシャープ調べ)の1型センサーを搭載したカメラだ。ディスプレイは「Pro IGZO OLED」を初搭載しており、画質とスタミナを両立させた。5Gスマホの最新モデルとして画期的な進化を遂げたAQUOS R6の魅力をお伝えしよう。(2021/7/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
新型「Google Nest Hub」の睡眠モニター機能を1カ月使って分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。Googleの新型スマートディスプレイ「Google Nest Hub」を使ってみた。(2021/7/13)

Googleが考えるプライバシーの在り方 「広告にはユーザーデータを使わない」
Web検索やマップ、カレンダーなどさまざまなWebサービスを展開するGoogleは、同意を得た上でユーザーの情報を収集、分析し、サービスに活用している。同社はサービス設計の段階でプライバシーに配慮し、世界最高水準のセキュリティを確保することを基本方針としている。Googleがユーザー同士の会話を盗み聞きすることもないという。(2021/6/30)

Amazonの車載カメラの是非を問う【後編】
「監視映像」をビジネスに生かすのはあり? Amazon車載カメラが投げ掛ける課題
企業がカメラで撮影した映像は、さまざまなビジネスに応用できる可能性がある。一方で映像を活用する際はプライバシーの問題を無視することはできない。ビジネスとプライバシーのバランスをどう考えればよいのか。(2021/6/29)

「Android版Googleアプリが落ちる問題」の比較的まともな対処法【公式案内の追記あり】
世界的に発生している、Androidスマートフォンの「Google」アプリが繰り返し動作停止する現象を比較的まともに解決する方法を紹介する。(2021/6/22)

Amazonの車載カメラの是非を問う【中編】
Amazon配送車の車載カメラが引き起こす4つのプライバシー議論
Amazon.comは配送車両にカメラを搭載する。「ドライバーと地域の安全の確保」が目的だというのが、同社の主張だ。こうした同社の行動をきっかけに、プライバシーに関する議論が活発化しつつある。(2021/6/22)

写真で解説するライカスマホ「Leitz Phone 1」 AQUOS R6との違いは?
ソフトバンクが7月以降にライカのスマートフォン「Leitz Phone 1」を発売する。Leitz Phone 1の背面にはガラスを採用しているが、実際に触れるとガラスとは思えないマットな質感で仕上げられている。センサーは「AQUOS R6」と同じだが、Leitz Phone 1独自のカメラ機能も備えている。(2021/6/18)

BelkinがFind My対応の完全ワイヤレスBluetoothイヤフォン「SOUNDFORM Freedom」を発売
Belkin(ベルキン)が、サードパーティー製としては初めて「Find My」に対応する完全ワイヤレスイヤフォンを発売する。税込み実売価格は1万円程度ながら、ノイズキャンセル機能を備え、IPX5等級の防水性能も確保している。(2021/6/18)

ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」登場 ソフトバンクが独占販売、18万7920円
ソフトバンクが、ライカ(Leica)ブランドのスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を7月以降に発売する。Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。メーカーはシャープが担当しており、1型のセンサーを搭載している。(2021/6/17)

Googleの初リアル店舗、ニューヨークのチェルシーでオープン
Google初のリアル店舗「Google Store in Chelsea」が6月17日にオープンする。Pixel、Nest、Fitbitなどのハードウェア販売だけでなく、リビングに見立てたコーナーでのスマートホーム体験なども提供する。(2021/6/17)

Google、Androidの7つの新機能予告 「メッセージ」のE2EEや★追加など
GoogleはAndroidに今夏ごろに追加する予定の7つの新機能を紹介した。「メッセージのE2EE対応や重要なメッセージに★をつけること、アシスタントのショートカットの増加などだ。(2021/6/16)

Amazonの車載カメラの是非を問う【前編】
Amazonの配送車両のカメラは何を記録しているのか? プライバシー懸念の声も
「ドライバーと地域の安全を守る」という名目で、Amazon.comは配送車両のカメラで車内外の様子を記録している。米国議会議員や専門家は、この録画がプライバシーに及ぼす影響に懸念を示す。同社の主張とは。(2021/6/15)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

Google アシスタントが電話に応対、PixelシリーズのAI機能が日本でも
米Googleは6月7日(現地時間)、「Pixel」シリーズのスマートフォンについて、Google アシスタントが電話の応対をする機能を日本でも提供すると発表した。その他、星空のタイムラプス動画を撮れる新しい撮影オプションなども明らかにした。(2021/6/8)

Google、廉価版無線イヤフォン「Pixel Buds A-Series」を99ドルで
Googleが、無線イヤフォン「Pixel Buds」の廉価版「Pixel Buds A-Series」を発表した。米国では99ドル(約1万1000円)で6月17日の発売だ。日本でも予約を受け付けている。(2021/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。