ニュース
» 2005年04月13日 15時03分 UPDATE

ソニー、1Gバイト分記録可能なPC用Hi-MDポータブルドライブ発売

ソニーマーケティングは、Hi-MDを用いるPC用ポータブルストレージドライブを5月21日より発売する。Hi-MD使用により1Gバイト分記録が可能で、USBバスパワー駆動にも対応する。

[ITmedia]

 ソニーマーケティングは4月13日、Hi-MDを用いるPC用ポータブルストレージドライブ「Hi-MDドライブ PIT-IN(DS-HMD1)」を発表、5月21日より発売する。価格はオープンプライス、予想実売価格は1万5000円前後(税込み)。

photo Hi-MDドライブ PIT-IN。(画面左上から)シルバー、レッド、グリーン、ブラックカラーがラインアップされる

 PIT-INは、Hi-MDないしMDを記録メディアとして使用するUSB1.1接続タイプのポータブルストレージドライブ。Hi-MD使用により1Gバイト分のデータ記録(MDの場合は300Mバイト)を可能し、USBバスパワー駆動に対応する。

 同社によると、MOドライブと比較して100万回以上書き換えが可能で、耐光・耐磁・汚れ耐性を備えるといった性能は同じく、約700円(1.3GバイトMOメディアは約1500円)となるHi-MDメディア単体価格と、よりコンパクトなメディアサイズ(同時にドライブの小型化)にて優位性があるという。

 本機そのものでの音楽再生は行えないが、SonicStage 3.1もバンドルされ、PC上で音楽MD作成も可能となっている。

 ドライブ本体サイズは86(幅)×79.3(奥行き)×22.9(高さ)ミリ、重量100グラム。データ転送レートはHi-MD使用時で9.83Mbps。対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.