ニュース
» 2005年11月18日 11時44分 UPDATE

IT戦士、クビ:今年はヤツも来ないのね──寂しい5年めの線メリ

今年もこの季節がやってきた。2005年版「線メリ」に“あの人”の起用はあったのか? はたまたクビになってしまったのか。

[塙恵子,ITmedia]

 イーレッツのUSBクリスマスツリー「線上のメリークリスマスV」が11月18日から2000台限定で発売となる。価格はオープン、想定売価は4200円前後。11月下旬より順次出荷される。

hn_senjo.jpg 線上のメリークリスマスV

 ITmediaにとってなじみ深いこの商品。2004年モデルにいたっては、あのIT戦士をキャラにするというなんとも大胆な商品企画を打ち立て、本当に発売してしまった。その売れ行きが好調だったかどうか……あえてここで触れないが、とにかく今年も“線メリ”は売り出される。しかしIT戦士はそこにはいない。

 今回採用されるキャラクターは、サンタとトナカイ人形。2003年バージョンと同じ感じのものに戻っている。

 2005年バージョンの変更点は「奏でられる曲」である。これまでは山下達郎の「クリスマス・イブ」のみだったが、昨年12月に同社Webサイトでクリスマスソングの公募が行われ、投票結果で上位だった曲をメドレー再生するようにした。採用曲はワム(織田裕二)の「ラスト・クリスマス」、桑田圭祐の「白い恋人達」、ジョン・レノン「ハッピー・クリスマス」、B'z「いつかのメリークリスマス」の4曲。

 前製品同様、本体下のモーターブロワで発泡スチロールの雪が下から上に吹き上げ、モーターを調整することでで粉雪にしたり、吹雪にしたりすることができる。音量調節も可能。本体サイズは約170(直径)×260(高さ)ミリ、重量720グラム。

 「いいえ。わたし、“教授”なので」

 クビか……。今年はそっとしておいてあげよう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.