ATOK 2006
PR
Special
2006年03月20日 00時00分 更新

なぜ日本語入力のために、わざわざお金をかけるのか──私が「ATOK」を手放せないワケ (1/4)

Windowsには日本語入力システムが標準で付属している。一方ジャストシステムの「ATOK」は価格が1万1550円(電子辞書セット:税込み)と決して安くない値段だ。タダ対有料。0円対1万1550円。タダで付いてくる日本語入力システムがあるのにもかかわらず、なぜわざわざ少なからぬお金を費やしてまでATOKを使うのか? 日本語入力システムの変遷をずっと見てきたパソコン黎明期からのライターで、実業家でもある松井幹彦氏がその秘密に迫る。

1万1550円の価値とはどんなものなのか

 ワープロソフトで文書作成するときだけでなく、メールの作成や表計算ソフトでの作業、あるいはWebを通じて資料を取り寄せるための住所入力でさえ、日本語の入力は欠かせない。

 日本語を入力する際に必須なのが、日本語入力システムだ。日本語入力システムは、Windows XPに「IME 2002」が標準で付属している。また、「Office 2003」には「IME 2003」が付属している。したがって、多くの人はこのいずれかを使って日本語入力をしていると思う。

mk_atok2006_pkg.jpg ATOK 2006 for Windows [電子辞書セット]
最新版日本語入力システム「ATOK 2006」に「明鏡国語辞典」と「ジーニアス英和辞典第3版」と「ジーニアス和英辞典第2版」を同梱。別のアプリケーションを立ち上げることなく、言葉の意味や類語を確認できる。
価格:1万1550円(税込み)

 私は長年ATOKという日本語入力システムを使っている。なぜ、無料で組み込まれている日本語入力システムがあるのに、わざわざお金を出して別のものを使う必要があるのか? 疑問に思う読者も多いだろう。そこで、読者と一緒に、この疑問を解決しよう。

 私が、ATOKを使う理由は2つある。ひとつは、変換効率の差だ。普段ATOKを使っていて、たまに標準のIMEを使わなくてはならないことがあると、思い通りに変換されずにイライラする。

 しかしこれは、辞書学習の差だと思う読者もいるだろう。よく使う単語は上位の候補として表示され、また単語登録もしてあるのだから、変換結果に差が出るのは当然だ。そこで、これらを除いて、完全に初期状態で変換を比較してみて、どのくらい差があるかを調査してみよう。

 もうひとつは操作手順だ。慣れ親しんだ操作手順で処理ができるということが大きい。しかし、それ以上に、歴史があり毎年改良を加えているATOKに一日の長があると思えるのだ。私が“ここがポイント”と判断する操作の手順を詳細に比較してみよう。果たしてどのくらい違うのか。そして、それは、価値のある違いと言えるかどうか。

 最終的にはそれぞれの読者が判断すればよいが、その材料を提供しよう。

変換効率を比較する

 では始めよう。まず、変換効率の調査だ。

 辞書学習を排除するために、新規インストール状態のATOK 2006とWindows XPに付属の標準IMEを用意した。そして、いくつかのサンプル文書を用意した。内容はあまり専門的にならない範囲でバラエティを持たせたつもりだ。変換キーを押すタイミングも同じにするために、必ずマル(句点)まで読みを入力してから変換させることにする。なおOffice 2003に付属のIMEについても調査したが、用意したサンプル文書の範囲ではWindowsに付属の標準IMEとまったく同じ変換結果だったことを付け加えておく。

 で、その変換結果だが、あまり差のでないものは除外して、典型的なものを2つあげておこう。

スポーツ


ジャンル原文と出典ATOK 2006標準IME
スポーツ 荒川静香(プリンスホテル)の胸で輝きを放つ金メダル。2004年に世界王者に輝いた後、一度は引退を考えた。新採点法に悩まされた。だが、荒川はスケートを「楽しむ」と心に誓って苦難を乗り越えた。荒川の言葉を振り返る。 荒川静香(プリンスホテル)の胸で輝きを放つ金メダル。2004年に世界王者に輝いた後、一度は引退を考えた。新採点法に悩まされた。だが、荒川はスケートを「楽しむ」と心に誓って苦難を乗り越えた。荒川の言葉を振り返る。 荒川静香(プリンスホテル)の胸で輝きを放つ金メダル。2004年に世界王者に輝いた後、一度は引退を考えた。審査移転法に悩まされた。だが、荒川はスケートを「楽しむ」と心に誓って苦難を乗り越えた。荒川の言葉を振り返る。(-1
Yahoo!ニュース スポーツトピックス - 2006年2月24日(金)より http://torino.yahoo.co.jp/voice/column/at00008092.html


 この【スポーツ】のサンプルは、素直な文章だ。しかし、「しん」+「さいてん」と判断するか「しんさ」+「いてん」と判断するかの違いが出ている。筆者はこのあたりに“ATOKの安心感”を感じるのだ。

天声人語


ジャンル原文と出典ATOK 2006標準IME
社会 花粉症用の医薬品を扱う企業数社がいま、くしゃみや鼻水の憂さを晴らす川柳を募集している。「花粉症笑ったあいつも今年から」。記録的な飛散量だった昨春、協和発酵(東京)に寄せられた句だ。前年まで患者をからかっていた知人がふいに仲間入り。古参患者の視線は冷たい。 花粉用の医薬品を扱う企業数社が今、くしゃみや鼻水の憂さを晴らす川柳を募集している。「花粉症笑ったあいつも今年から」。記録的な飛散量だった昨春、協和発酵(東京)に寄せられた。前年まで患者をからかっていた知人が不意に仲間入り。古参患者の視線は冷たい。(-2 花粉症用の医薬品を扱う企業数者が今、くしゃみや鼻水の憂さを晴らす川柳を募集している。「花粉症笑ったあいつも今年から」。記録的な悲惨量だった昨春、協和発酵(東京)に寄せられた。前年まで患者をからかっていた知人が不意に仲間入り。古参患者の視線は冷たい。(-3
朝日新聞 天声人語 - 2006年2月26日(日)付 http://www.asahi.com/paper/column.html


 この【朝日新聞の天声人語】の変換でも差が出ている。「飛散量」も、ATOKならではの適切な変換が得られていると思う。

 以上の結果を見ると、確実に変換効率の差があることが分かるだろう。もちろんこれだけで全体を云々することはできないが、ここに挙げなかったサンプルでも、ほとんどATOKの方が良い変換結果が得られた。

       1|2|3|4 次のページへ

[松井幹彦,ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社 ジャストシステム
企画:アイティメディア営業局/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2006年4月19日

ATOK 2006

バックナンバー


なぜATOKを使い続けるのか、その理由を語ろう
Windowsには標準で日本語入力システムが付属している。にもかかわらず、自腹を切ってまでATOKを購入し、使い続ける理由は何か。世代やバックグラウンドが異なる3名のATOK愛用者にお集まりいただき、その理由をざっくばらんに語ってもらった。

なぜ日本語入力のために、わざわざお金をかけるのか──私が「ATOK」を手放せないワケ
Windowsには日本語入力システムが標準で付属している。一方ジャストシステムの「ATOK」は価格が1万1550円(電子辞書セット:税込み)と決して安くない値段だ。タダ対有料。0円対1万1550円。タダで付いてくる日本語入力システムがあるのにもかかわらず、なぜわざわざ少なからぬお金を費やしてまでATOKを使うのか? 日本語入力システムの変遷をずっと見てきたパソコン黎明期からのライターで、実業家でもある松井幹彦氏がその秘密に迫る。

関連記事

一太郎でマスターする、人を納得させる文書作成のテクニック
この物語は、中堅商社に勤める若手ビジネスマンの奮闘を描いたイメージストーリーである。面白く読んでいただけるようコメディタッチに仕上げたが、盛り込まれている内容は実際の会社でも目にするものばかりだ。読み手を納得させる文書作成のテクニックをイメージストーリーに沿って見ていこう。

「生協の白石さん」など最新流行語を収録したATOK 2006用辞書を提供──ジャスト
ジャストシステムは、ATOK 2006ユーザー向けの最新流行語/時事用語辞書「goo流行語辞書 for ATOK 2006」の無償ダウンロード提供を開始した。

正しく、そしてより効率よく──さらにかしこくなった「ATOK 2006」を試す
日本語を使う我々がPCで文字を入力する場合、漢字変換というPCならではの作業が発生し、そのため日本語入力システムが必須となる。なかでもATOKはPC黎明期から優れた日本語入力システムとして知られ、しかも年々進化している。今回はその2006年版となる「ATOK2006」を前バージョンと比較し、どこまでかしこく使いやすくなっているかを試してみた。

ジャスト、ATOK2006用専門用語変換辞書・連携電子辞典を発売
ジャストシステムは、「ATOK2006」用の専門用語変換辞書15製品、および連想変換辞書/連携電子辞典など4製品の計19製品を発表した。

ジャスト、2006年度版「一太郎/ATOK/花子」を発表
ジャストシステムは、一太郎/ATOK/花子シリーズの最新版、「一太郎2006」「ATOK 2006」「花子2006」を発表、2006年2月10日より発売する。今回のバージョンでは、文書作成そのものに加えて「第3者に伝えるために役立つ機能」がとくに強化された。