ニュース
» 2006年12月07日 02時00分 UPDATE

アップルがWeb of the Yearを制覇!?:2006年のベストサイトが決まる――Web of the Year 2006

ユーザーの投票により2006年のベストサイトを選出する「Web of the Year 2006」。その授賞式が12月6日開催された。年間総合大賞も気になるところだが、アップルのゆくえはいかに!?

[PC USER 特別取材班,ITmedia]
ht_0612wo01.jpg

 「Web of the Year 2006」は、月刊インターネット情報誌「Yahoo! Internet Guide」(ソフトバンク クリエイティブ発行)が主催するイベントで、一般投票によって年間のベストサイトを決定するもの。第1回目の1996年から数えて、今年で11回目を迎える。

 授賞式全体の模様や各受賞者の詳細はこちらの記事に譲るとして、昨年は動画・音楽配信部門にノミネートされながら2位に甘んじたアップルコンピュータの「iTunes Store」(1位はGyaO)だが、動画部門が分割された2006年の音楽部門で栄えある1位を獲得した。2位の「うたまっぷ」にダブルスコアの差をつけての“圧勝”だった。

 授賞式後、トロフィーを受け取ったアップルコンピュータ広報部の鈴木正義氏にお話をうかがったところ、「今年は、音楽と動画で部門が分かれたのが勝因でしょう」と勝因を冷静に分析。今年9月のiTunes 7リリースに合わせて名称を従来の「iTunes Music Store」から「iTunes Store」に変更し、映画やゲームなどのダウンロード販売を開始しているが、「名称をiTunes Storeに変えて本格的な動画も取り扱っているのですが、音楽部門で無事に受賞できてホッとしています」とリラックスした表情を見せた。

 ちなみに、コンピュータ部門でノミネートされたITmediaだが、健闘むなしく3位に破れた。なお、Web of the Year 2006の詳細は12月27日発売の同誌2月号にて掲載される予定だ。

ht_0612wo02.jpg 音楽部門の集計結果
ht_0612wo03.jpg アップルコンピュータ広報部の鈴木正義氏
ht_0612wo04.jpg Yahoo! Internet Guideの伴雅子編集長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-