連載
» 2007年07月25日 11時11分 UPDATE

新約・見てわかる パソコン解体新書:第5回 光ディスクの製造工程 その1──スタンパーの製造 (1/3)

「見てわかるパソコン解体新書」の第5回めは、HD DVDやBlu-ray Discメディアがどのように生産されるのかを、動画を交えて紹介します。

[大島篤(文とイラスト),ITmedia]
ht_0607kaitai0.jpg

 再生専用と書き込み可能な光ディスクは、それぞれ月産数千万枚という単位で大量生産されています。今回は、DVDやBlu-ray Discがどうやって生産されているかを2回連続で詳しく紹介していきましょう。本連載初の試みとして、動画コンテンツを使います。

ht_0707kaitai01.jpg

 現在民生用として使われているメジャーな光ディスクはCD、DVD、HD DVD、Blu-ray Discの4ファミリーです。これらは記憶容量は異なるものの、記録方式は同じものを採用しており、親戚のような関係です。いずれも再生専用のROM型メディア、一度だけ書き込み可能なライトワンス型メディア(追記型)、何度も繰り返し書き換え可能なリライタブル型メディア(書き換え型)を用意しています。

ht_0707kaitai02.jpg

 CD、DVD、HD DVD、Blu-ray Discの各メディアは、構造や製造工程も基本的な部分では共通しています。いずれも直径12センチメートルのポリカーボネート製透明ディスクを基板とし、その表面に記録層を形成して作られています。

 光ディスクのポリカーボネート基板の製造工程は、鯛焼き作りに似ています。お店で鯛焼きが作られる様子は、誰でも見たことがあるでしょう。鯛焼きは、鯛の形を彫り込んだ金属の焼き型に、小麦粉を溶かした生地を流し込んで焼き上げることで、同じ形の鯛焼きをどんどん作ります。

ht_0707kaitai03.jpg

 光ディスクの場合は、ディスクの型の中に、高温にして溶けたポリカーボネート樹脂を流し込みます。数秒後、温度が下がるとポリカーボネートは固まって、光ディスクの基板が出来上がるというわけです。

 光ディスク基板製造用の型のことをスタンパーといいます。ROM型メディア用のスタンパーの場合、その表面にはデータを変調して作られたピットの列が無数に連なっています。

 ライトワンス型またはリライタブル型の光ディスク用のスタンパーでは、その表面にはディスクにグルーブを形成するためのらせん状のパターンが形成されています。

 なお、スタンパー上のピット列およびグルーブパターンは、CDとDVDでは下図のように凸状になっていますが、Blu-ray Discのスタンパでは逆に凹状になります。

ht_0707kaitai04.jpg

光ディスクメディア製造の概要

 CD、DVD、HD DVD、Blu-ray Discの各メディアの製造工程は、基本的な部分で共通しています。いずれの場合も、その製造工程はディスクの原盤であるスタンパーを作る工程と、そのスタンパーを型としてポリカーボネート基板を作る工程、基板の表面に記録層などを形成して完成させるという、3つの工程に分けて考えることができます。

 ただし、詳細な製造行程は、ROM型、ライトワンス型、リライタブル型でそれぞれ異なります。また、CDとDVDとBlu-ray Discは物理的な構造が異なるため、それぞれ製造工程が異なります。DVDは0.6ミリメートルの厚さのディスクを2枚張り合わせる工程が必要ですし、Blu-ray Discでは0.1ミリメートルのカバー層を形成する工程があることが特徴です。

 次の図は、CD、DVDとHD DVD、Blu-ray Discの製造工程の概略を示しています。ただしこれは1層ディスクの場合の製造工程です。2層ディスクはもっと複雑になるので、次回まとめて説明しようと思います。

ht_0707kaitai05.jpg

関連キーワード

Blu-ray | HD DVD | Intel | iPhone


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.