ニュース
» 2007年07月27日 18時30分 UPDATE

第2四半期の業績は過去最高:“AIR”と“SaaS”で勝ちに行く――アドビが事業戦略を説明

アドビシステムズは、本社社長兼COOの来日に合わせて事業説明会を開催。AIR(開発コード名Apollo)で開発したアプリケーションやSaaSのデモを行った。

[前橋豪,ITmedia]
tm0707adobe01.jpg 米アドビシステムズ社長兼COOのシャンタヌ・ナラヤン氏

 アドビシステムズは7月27日、2007年度第2四半期の事業内容を振り返るとともに、今後同社が注力する新製品や新技術について紹介する記者説明会を開催した。米アドビシステムズの第2四半期(2007年3月3日から6月1日)の売上げは7億4560万ドルで、前年同期比で17%増を記録。四半期の売上げとしては過去最高となっている。

 米アドビシステムズ社長兼COOのシャンタヌ・ナラヤン氏は、会見で直接売上げの数字について言及しなかったものの、ブログなど個人の創作活動を含むWebサイトの増大、PC環境のアップグレード、ビデオや携帯電話の成長といった市場動向が追い風となり、2007年第2四半期は「Creative Suite 3」や「Acrobat」シリーズが好調なセールスを記録したことを強調。Creative Suite 3に搭載されたモバイルコンテンツ開発環境の「Device Central CS3」や、特殊業務向けの機能を盛り込んだ「Photoshop CS3 Extended」、携帯端末向けFlashプレーヤーの「Flash Lite」、PDF作成用の「Acrobat」、オンライン会議用の「Acrobat Connect」といった製品を改めてアピールした。

tm0707adobe02.jpgtm0707adobe03.jpgtm0707adobe04.jpg Creative Suite 3に追加されたモバイルコンテンツ開発環境のDevice Central CS3(写真=左)。アドビによる市場調査では、Flash対応デバイスの出荷台数は2006年度で累計2億2000万個にのぼる(写真=中央)。Broadband Directionsの調査によれば、米国の有力ケーブルTV局がブロードバンド配信に使うメディアとして、Flashは圧倒的なシェアを獲得している(写真=右)

 同氏は以上の事業に加えて、新たに注力している「ダイナミックメディア」と「Adobe Integrated Runtime」(AIR)の2つが収益をもたらすと述べた。

 ダイナミックメディアに関しては、Creative Suite 3やFlash、AIRによるリッチメディアコンテンツの作成、「Flash Media Server」によるコンテンツの配信、「Adobe Media Player」によるコンテンツの再生といった全般的なプラットフォームを提供していく。

 現在パブリックβ版を配布中のAIRについては「HTML、Ajax、Flash、PDFといった標準的なWeb技術のみで魅力的なデスクトップアプリケーションを開発できるプラットフォーム。Webとデスクトップの長所を融合しており、オンライン、オフラインを問わず、またWindowsやMac OS、Linux、携帯電話、セットトップボックスなどもカバーするクロスプラットフォームとして、Web 2.0アプリケーションの開発環境を強力にサポートする。現状でAIRによる数百のアプリケーションが開発されている」と述べた。

 また、今後はパッケージ製品だけでなく、インターネット上のサービスとしてソフトウェアを提供するSaaS(Software as a Service)が新たな収益源になると予測した。現状のSaaSモデルの展開としては、オンライン会議に用いるAcrobat Connectのほか、Webブラウザ上で動画編集が行える「Adobe Premiere Express」をYouTubeやMTVのサイトに提供している例を挙げた。これらに限らず、さまざまなソフトウェアをSaaSモデルで提供できるという。

tm0707adobe05.jpgtm0707adobe06.jpgtm0707adobe07.jpg Site4DがAIRで開発したアプリケーションのデモ。時間やカレンダー、地図など、さまざまな情報を表示するミニアプリケーションのウィジェットを自由に展開、収納、並び替え、スキン変更が行える(写真=右)。ブックマークアプリケーションでは、Webページの動画再生部分やランキング表など、一部だけを範囲選択して切り抜き、その部分だけを並べて表示できる(写真=中央)。デモを行ったSite4D代表取締役の隅元章次氏(写真=左)

tm0707adobe08.jpgtm0707adobe09.jpgtm0707adobe10.jpg Webブラウザ上で動画編集が行えるAdobe Premiere Expressを採用したMTVとYouTubeのサービス。MTVでは、あらかじめ動画編集の許可が与えられたアーティストのビデオクリップにおいて、再生順序を変更したり、クリップ間にトランジション効果を挟んだり、映像内に文字やオブジェクトを配置した状態で再生できる(写真=左)。YouTubeでも、同じような機能とユーザーインタフェースが備わったサービスを提供(写真=中央)。デモを行ったアドビシステムズ日本法人プロダクトスペシャリストの大田禎一氏によれば、日本企業のSaaSモデル採用も働きかけるという(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう