ニュース
» 2007年10月09日 17時17分 UPDATE

サーマルティク、実売約8万円の水冷機構付き高級アルミケース「SwordM」

日本サーマルティクは、水冷システムを筐体内に装備したアルミ製PCケース「SwordM」を発売した。

[ITmedia]
photo SwordM

 日本サーマルティクはこのほど、水冷システムを筐体内に装備したアルミ製PCケース「SwordM(VD500LBNA)」の発売を開始した。価格はオープン、予想実売価格は7万8900円(税込み)。

photo 水冷用のラジエータはサイドパネル面に設置可能。トップ/サイドパネルの開閉は油圧カム式となっている

 SwordMは、ハンドメイド仕上げのフルアルミ筐体を採用したタワー型PCケースで、microATX/ATX/Extend ATXマザーボードを内蔵可能。水冷システムを標準装備しているのが特徴で、CPU用水枕と水冷ポンプ、および12センチ角ファン2基を内蔵する冷却用ラジエータがセットとなっている。

 ドライブベイは、5インチベイを最大で10段利用可能。最上段には同社製オプションの7インチ液晶ディスプレイ「A2413-03」を内蔵可能となっているほか、下段には小物を収納できるアクセサリーBOXを標準装備している。本体サイズは240(幅)×770(奥行き)×650(高さ)ミリ。

関連キーワード

水冷 | 金属ボディ | マザーボード


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう