ニュース
» 2008年05月14日 12時04分 UPDATE

日本HP、AMD製CPU搭載のビジネス向け省電力デスクトップPC

日本ヒューレット・パッカードは、AMD製の低消費電力CPUを搭載したビジネス向けデスクトップPC「HP Compaq Business Desktop dc5850」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo dc5850 SF

 日本ヒューレット・パッカードは5月14日、AMD製の低消費電力CPUを搭載したビジネス向けデスクトップPC「HP Compaq Business Desktop dc5850」(以下dc5850)シリーズを発表、5月15日より販売を開始する。固定仕様モデル(計4製品)のほか、カスタマイズ対応モデルの「dc5850 SF/CT」「dc5850 MT/CT」も用意。価格は固定仕様モデルが6万9300円から、カスタマイズ対応モデルが5万4600円から(双方税込み)。

 dc5850シリーズは、マザーボードとしてAMD 780Vチップセット搭載製品を採用する省スペース型デスクトップPCで、CPUとしてSempron LE-1200(2.1GHz)/Athlon X2 4450B(2.3GHz)などを選択可能だ。

 グラフィックス機能はオンボード搭載のRadeon 3100を利用可能。そのほかのおもなスペック(固定仕様モデル)は、メモリがDDR2 1Gバイト、HDDが80Gバイト、光学ドライブがDVD-ROM/DVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows Vista Business/Windows XP Professionalだ。

 また、カスタマイズ対応モデルは省スペース筐体のdc5850 SF/CTのほか、ミドルタワーモデルのdc5850 MT/CTも用意。CPUとしてPhenom X4なども選択可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう