ニュース
» 2008年06月25日 12時11分 UPDATE

エプソンダイレクト、X48マザー採用のフラグシップデスクトップ「Endeavor Pro4500」

エプソンダイレクトは、Core 2 Quad/Extremeの搭載にも対応するハイエンドデスクトップPC「Endeavor Pro4500」など2製品を発表した。

[ITmedia]
photo Endeavor Pro4500

 エプソンダイレクトは6月25日、ハイエンドデスクトップPC「Endeavor Pro4500」およびスタンダードデスクトップPC「Endeavor MT7900」の計2製品を発表、販売を開始した。BTOカスタマイズに対応、基本構成価格はEndeavor Pro4500が17万8080円、Endeavor MT7900が5万5650円(双方税込み)。

 Endeavor Pro4500は、マザーボードとしてIntel X48チップセット採用製品を搭載したフラグシップモデルのミドルタワーデスクトップPCで、Core 2 Duo E8400、Core 2 Quad Q9450/Q9550、およびCore 2 Extreme QX9770の搭載に対応。メモリはDDR3メモリを最大4Gバイト装備可能だ。

 筐体デザインは従来モデル「Endeavor Pro4300」を継承しており、本体前面からHDDを交換できるHDDフロントアクセス機能も装備。HDDは最大4基搭載可能でRAID-0/1/10に対応する。グラフィックスカードはPCI Express x16(計2スロット)に対応、標準構成時のRadeon HD 3450/256Mバイトのほか、GeForce 9シリーズやRadeon HD 3000シリーズ、FireGL V3350/Quadro FX1700なども選択できる。

photo Endeavor MT7900

 Endeavor MT7900は、Intel G31チップセット搭載マザーを採用したスタンダードクラスのミニタワーデスクトップPCで、CPUはCeleron 430からCore 2 Quad Q6600まで選択可能だ。メモリはDDR2 512Mバイト〜4Gバイト、HDDは80Gバイト〜1Tバイト。グラフィックスカードはオンボードグラフィックスのほかBTOオプションによりPCI Express x16接続対応の各種グラフィックスカードを追加できる。

 筐体デザインは従来モデル「Endeavor MT7800」から変更、凹凸をなくしてホコリをたまりにくくしたほか、サイドパネルの通風孔をメッシュ仕様に変更した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.