ニュース
» 2007年10月23日 12時09分 公開

2007年PC秋冬モデル:クアッドコアにも対応したスリムデスクトップPC――「Endeavor MR3300」

スリム筐体を採用したデスクトップ「Endeavor MR3300」は、マザーボードの変更によりCore 2 Quad Q6700の搭載に対応。省スペースモデルながらRAID構成も可能だ。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは10月23日、スリム筐体採用のデスクトップPC「Endeavor MR3300」の発売を開始した。従来通りBTOによるカスタマイズに対応、価格は5万9850円から(税込み)。

 Endeavor MR3300は、従来モデル「Endeavor MR3100」をベースとしつつ、FSB 1333MHz動作をサポートするIntel G35 Expressチップセットを搭載したことで、対応CPUを大幅に強化したのが特徴。具体的には、Celeron 420(1.6GHz)、Pentium Duai-Core E2160(1.8GHz)、Core 2 Duo E4500(2.2GHz)/E6550(2.33GHz)/E6750(2.66GHz)/E6850(3.0GHz)、Core 2 Quad Q6700(2.66GHz)を選択することが可能となった。

 拡張スロットは従来同様、PCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI×2を用意。標準構成のオンボードグラフィックス機能のほか、オプションにはグラフィックスカードとしてRadeon HD2400 PROも利用可能だ。また、HDDは最大で2基搭載でき、1.5Tバイト(750Gバイト×2基)まで増設が可能。RAID-0/1構成も利用できる。

 メモリは512Mバイト〜最大3Gバイト、光学ドライブはDVD-ROMドライブ/DVDコンボドライブ/2層対応DVDスーパーマルチドライブを装備可能で、従来モデルで選択可能だったBlu-Rayドライブの搭載対応は見送られている。OSはWindows Vista Home Basic/同Home Premium/同Business/同Ultimate、およびWindows XP Home Edition/同Professional。本体サイズは98(幅)×401(奥行き)×357(高さ)ミリ、重量は約8.6キロ(最小構成時)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう