ニュース
» 2008年08月20日 13時23分 UPDATE

マウスコンピューター、5万円台からのWindows Home Server搭載ホームサーバなど2製品

マウスコンピューターは、OSとしてWindows Home Server(Power Pack 1)を搭載したホームサーバ「LM Media Server」「MDV Media Server」を発表した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは8月20日、OSとしてWindows Home Serverを搭載したホームサーバ「LM Media Server(LM-MS110L)」「MDV Media Server(MDV-MS110S)」を発表、9月1日より受注を開始する。BTOカスタマイズに対応、標準構成価格はLM-MS 110Lが5万9850円、MDV-MS110Sが11万9700円(双方税込み)。

photophoto LM Media Server(左)、MDV Media Server(右)

 LM-MS110LおよびMDV-MS110Sは、OSとしてWindows Home Server Power Pack 1を搭載したホームサーバ。エントリーモデルのLM-MS110Lは、幅60ミリの省スペース筐体を採用、CPUとしてVIA C7 1GHzを搭載し、低消費電力と低発熱動作を実現した。HDDは2.5インチSerial ATA HDDを1基搭載できる。

 MDV-MS110Sは、3.5インチSerial ATA HDDを最大4基搭載できる高拡張モデルで、CPUはAthlon X2 4050e(2.1GHz)を搭載。HDDは本体前面から交換可能で、リムーバブルHDDフレームによる簡単交換が可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう