ニュース
» 2008年10月29日 12時54分 UPDATE

バッファロー、“世界最薄”をうたうドラフト11n対応無線LANルータ「WHR-G300N」

バッファローは、IEEE802.11b/g/n対応の薄型無線LANルータ「WHR-G300N」を発表した。厚さは25ミリ。

[ITmedia]
photo WHR-G300N

 バッファローは10月29日、IEEE802.11b/g/n対応の無線LANルータ「WHR-G300N」を発表、11月下旬より発売する。価格は単体モデルが1万3600円、USB無線LANアダプタ付属モデルの「WHR-G300N/U」が1万6800円、PCカード型無線LANアダプタ付属モデルの「WHR-G300N/P」が1万6800円、無線LANコンバータ付属モデルの「WHR-G300N/E」が2万1000円。

 WHR-G300Nは、IEEE802.11b/g/n(11nはドラフト2.0)対応の無線LANルータで、本体サイズは127(幅)×25(奥行き)×140(高さ)ミリ/重量約200グラム(ACアダプタ除く)の“世界最薄”をうたう省スペース筐体を採用した。

 無線LAN設定方式は「AOSS」および「WPS」に対応。Mac用のAOSS設定ソフトウェアも付属しており、Macからも簡単に設定を行える。暗号化レベルはAES/TKIP/WEPの混在利用が可能で、暗号化レベルの低いWEPからAES/TKIPへのアクセスを制限することも可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう