ニュース
» 2008年11月14日 23時01分 UPDATE

サムスン、低消費電力パネルを採用した液晶ディスプレイ4機種を発売

日本サムスンは、低消費電力タイプの液晶ディスプレイ4機種5モデルを追加、12月中旬より発売する。従来製品に比べて最大消費電力を約30〜40%低減した。

[ITmedia]
og_su_001.jpg SyncMaster 2243EW

 日本サムスンは11月14日、「SyncMaster」シリーズに低消費電力タイプの液晶ディスプレイ4機種5モデルを発表、12月中旬より発売する。価格はオープンプライス。

 ラインアップは、スクエアタイプの17型モデル(1280×1024ドット)「SyncMaster 743A」、19型ワイド(1440×900ドット)の「SyncMaster 943AW」、20.1型ワイド(1680×1050ドット)の「SyncMaster 2043EW」、22型ワイド(1680×1050ドット)の「SyncMaster 2243EW」で、SyncMaster 943AWは筐体色にブラックとアイボリー、それ以外はすべてブラックになる。いずれも低消費電力パネルユニットを採用し、最大消費電力が22〜33ワット以下と、従来モデルに比べて30から40%ほど低減したのが特徴だ。

 パネル性能はそれぞれ、視野角が上下170度/左右160度、応答速度5ms、輝度250カンデラ/平方メートル(SyncMaster 943Wは300カンデラ/平方メートル)、コントラスト比が1000:1だ。インタフェースは、SyncMaster 743A/同943AWがアナログRGB、SyncMaster 2043EW/同2243EWがアナログRGBとDVI(HDCP対応)の2系統入力を装備する。

og_su_002.jpgog_su_003.jpgog_su_004.jpg SyncMaster 743A(写真=左)、SyncMaster 943AW(写真=中央)、SyncMaster 2043EW(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう