ニュース
» 2008年11月17日 12時11分 UPDATE

パソコン工房、GPGPU対応動画編集ソフトの推奨PCを発売

ユニットコムは、GPUで演算処理を実行するGPGPU対応動画編集ソフト「Super LoiLoScope」の動作推奨PCをパソコン工房ブランドから発売した。

[ITmedia]
og_paso_001.jpg MT755iC2Q TYPE-SR-SLS

 パソコン工房を運営するユニットコムは、GPGPUに対応した動画編集ソフト「Super LoiLoScope」の動作推奨スペックを満たしたミドルタワー型PC「Amphis BTO MT755iC2Q TYPE-SR-SLS」の販売を開始した。パソコン工房の通販サイトで既に受注を開始している。標準構成価格は13万9980円。

 グラフィックスカードに同ソフトが推奨するRadeon HD 4850(512Mバイト)搭載カードを採用する点が特徴で、GPGPU機能を用いることにより、GPUにも演算処理を行わせて高速なビデオレンダリングを実現するという。標準構成モデルは、CPUにCore 2 Quad Q9550(2.83GHz)を採用、2Gバイトのメモリと1TバイトのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSにはWindows Vista Home Premiumがプリインストールされるほか、Super LoiLoScope(バンドル版)のインストールDVDも同梱される。なお、初回限定特典として標準搭載メモリを4Gバイトに無料で増設するキャンペーンを期間限定で実施中だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう