ニュース
» 2008年12月24日 15時42分 UPDATE

GIGABYTE、X58チップセット採用のスタンダードATXマザー「GA-EX58-UD4」

リンクスインターナショナルは、GIGABYTE製となるIntel X58チップセット採用の普及モデルATXマザーボード「GA-EX58-UD4」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo GA-EX58-UD4

 リンクスインターナショナルは12月24日、GIGABYTE製となるIntel X58チップセット採用の普及モデルATXマザーボード「GA-EX58-UD4」の取り扱いを発表、12月27日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は2万8000円前後。

 GA-EX58-UD4は、チップセットにIntel X58+ICH10Rを採用したLGA1366対応のATXマザーボード。拡張スロット構成は、PCI Express x16×2、PCI Experss x4×1、PCI Experss x1×1、PCI×3で、CrossFireXをサポートする(SLIは非対応)。また、GIGABYTE独自の品質規格グレードの「Ultra Durable3」に準拠しているのも特徴で、より安定した動作が期待できる2オンス銅箔層も用いられている。

 メモリスロットはDDR3スロット6本を装備、最大24Gバイトまで搭載可能。背面インタフェースはUSB 2.0×8、IEEE1394×2(6ピン×1、4ピン×1)、ギガビット対応LAN×1、PS/2×2、音声入出力などを備えた。また、上位モデルで対応している「Intel Turbo Boost Technology」もサポートする。(記事掲載当初、Intel Turbo Boost Technologyに関する説明が間違っていました。おわびして訂正します)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう