ニュース
» 2009年02月13日 14時18分 UPDATE

ツクモ、新デザイン筐体採用のスリムデスクトップ「SenciaSlim」――OSレスで約3万円から

九十九電機は、スリムデザイン筐体を採用した低価格デスクトップPC「SenciaSlim」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo SenciaSlim

 九十九電機は2月13日、スリムデザイン筐体を採用した低価格デスクトップPC「SenciaSlim」シリーズを発表、本日より販売を開始する。

 ラインアップは、Celeron 430(1.8GHz)搭載モデルの「LS31J-9200C」、Pentium E5200(2.5GHz)搭載モデルの「LS31J-9210P」、Core 2 Duo E7400(2.8GHz)搭載モデルの「LS31J-9220E」、Core 2 Quad Q8300(2.5GHz)搭載モデルの「LS31J-9230Y」の4モデルを用意。BTOオプションによりOSを選択可能で、OSレス構成も選択できる。

 搭載メモリはDDR2 512Mバイト(LS31J-9200Cのみ)〜2Gバイト、HDDは160Gバイト〜640Gバイトを搭載。光学ドライブはDVD-ROM(LS31J-9200Cのみ)/DVDスーパーマルチドライブを装備する。本体サイズは96(幅)×330(奥行き)×365(高さ)ミリ。なお、キーボード/マウスは別売だ。

 Windows XP Home Edition(SP3)選択時の価格は、LS31J-9200Cが3万9800円(OSレス時は2万9799円/以下同様)、LS31J-9210Pが4万9800円(3万9800円)、LS31J-9220Eが5万5800円(4万5800円)、LS31J-9230Yが6万5800円(5万5800円)だ(すべて税込み)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう