ニュース
» 2009年02月20日 13時03分 UPDATE

DHARMAPOINT、MX茶軸キー採用のゲーミングキーボードを限定発売

シグマA・P・Oシステム販売は、“DHARMAPOINT”ブランド製品となるゲーミングキーボード「DRTCKB102UBRT」を発表した。

[ITmedia]
photo DRTCKB102UBRT

 シグマA・P・Oシステム販売は2月20日、“DHARMAPOINT”ブランド製品となるUSBキーボード「DRTCKB102UBRT」を発表、本日より販売を開始する。同社直販「Flipclick」およびamazon.co.jpのみ取り扱いとなる数量限定品で、価格は1万2800円だ(税込み)。

 DRTCKB102UBRTは、同社製USBキーボード「DRTCKB102UBK」のバリエーションモデルで、キースイッチとしてCherry製“茶軸”スイッチを採用した限定モデル。また、ベース色とインジケーターLEDも赤色に変更されている。

 そのほかの仕様はほぼDRTCKB102UBKに準じ、キー配置はWinキーなどを排した102キー配列(かな表記なし)を採用、Nロールキーオーバーにも対応する。本体サイズは379(幅)×150(奥行き)×29(高さ)ミリ、重量は約1キロ(ケーブル含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう