ニュース
» 2009年03月04日 17時46分 UPDATE

ラトック、ロックキーを固有鍵に変更した法人専用リムーバブルHDDケース

ラトックシステムは、5インチベイ内蔵型のSATAリムーバブルケース「SA-RC1A-K」を発表。前面のロックキーを固有鍵に変更している。

[ITmedia]
photo SA-RC1A-K

 ラトックシステムは3月4日、同社製の5インチベイ内蔵型SATAリムーバブルケース「SA-RC1A」の法人専用バリエーションモデル「SA-RC1A-K」を発表した。

 SA-RC1A-Kは、Serial ATA HDDを内蔵可能なトレイ式のHDDリムーバブルケースで、本体前面のロックキーに個々の顧客ごとの固有鍵を採用。共通キーを用いている通常モデルよりセキュリティ性を高めたのが特徴だ。

 ロックキー以外の仕様は同社製リムーバブルケース「SA-RC1A」シリーズと共通だ。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう