ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リムーバブルHDD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リムーバブルHDD」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

マクセル、カセットHDD「iV(アイヴィ)」を販売終了
(2018/6/20)

超入門BitLocker:
最終回 BitLockerよくある質問集
BitLockerで気になる幾つかの疑問点などについて、Q&A形式でまとめておく。回復キーのバックアップ方法や独自のキーの作り方、互換性などについて取り上げる。(2017/3/6)

超入門BitLocker:
第4回 BitLockerをコマンドラインで管理する
BitLockerはコマンドラインでも制御できる。ロックの解除や再ロック、回復パスワードや回復キーの追加・削除などはコマンドラインで操作できる。Active DirectoryにおけるBitLocker機能についても解説する。(2017/3/3)

超入門BitLocker:
第3回 BitLockerで内蔵HDD/SSDを暗号化して保護する
今回はPC内部のディスク(内蔵HDD/SSD)上にあるデータボリュームを暗号化したり、OSボリューム(C:ドライブ)そのものを暗号化したりする機能について解説する。(2017/3/2)

超入門BitLocker:
第2回 BitLocker To GoでUSBメモリやリムーバブルハードディスクを暗号化して保護する
USBメモリやリムーバブルハードディスクを暗号化して保護するBitLocker To Go。その概要や使い方、BitLocker非サポートのWindows OSでの取り扱い、パスワードを忘れた場合の回復手順などについて解説する。(2017/3/1)

超入門BitLocker:
BitLockerとは
BitLockerの概要を知るための超入門連載(全5回)。今回は、BitLockerとは何か? どんな種類があるのか? 他の機能との違いは? 仕組みは? 使える環境は? といった概要を説明する。(2017/2/28)

お得なトータルパッケージ:
ゲームに必要なのはPC本体だけじゃない! ゲーミングデバイスと液晶ディスプレイも一気にそろえるなら「NEXTGEAR 液晶セットモデル」に注目
マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」に用意された「NEXTGEAR 液晶セットモデル」は、PCゲームを快適に楽しむためのお得なトータルパッケージだ。(2016/3/10)

マウス、クリエイター向けPC「DAIV」第一弾のミドルタワー型モデルを発表
マウスコンピューターは、クリエイター向けとなるミドルタワー型PC「DAIV-D」シリーズを発表した。(2016/2/24)

マクセル、iVスロット搭載のBDレコーダー“アイヴィブルー”の新製品2機種発売――新番組自動録画対応に
日立マクセルが“アイヴィブルー”の新製品「BIV-TW1000」「BIV-WS1100」を発表した。リムーバブルHDD「iV」のスロットを搭載、ダビングなども対応する。(2016/2/16)

iVDR EXPO 2015:
“ハイレゾ”に舵を切ったiVDR――マクセルからはマルチチャンネル対応のハイレゾ対応iVDRプレイヤーが登場
iVDRコンソーシアムはハイレゾ音源に対応する拡張規格「iVDR TV-Recording規格 Ver.2.40」を発表した。マクセルからは対応プレイヤーも登場する。(2015/6/5)

アニメでも:
ドラマの見逃しをなくす「ドラ丸」搭載、シャープがBDレコーダー新製品を発表
シャープはBlu-ray Discレコーダーの新製品7機種8モデルを2月から順次発売する。連続ドラマやアニメの見逃しを防ぐ「ドラ丸」機能を新たに搭載した“ドラマ丸録りレコーダー”だ。(2015/1/15)

ノバック、5インチベイ1段に2.5インチ+3.5インチHDDを装着可能なリムーバブルベイ
ノバックは、2.5インチ/3.5インチHDDの計2基を同時搭載できる5インチベイ内蔵型HDDベイ「サタ専用楽太郎」を発売する。(2014/12/5)

日立マクセル、ダブルiVスロットを搭載したBDレコーダー“アイヴィブルー”新製品「BIV-TW1000」
日立マクセルが“アイヴィブルー”の新製品「BIV-TW1000」を発表した。リムーバブルHDD「iV」のスロットを2つ搭載し、ダビングなどを可能にしている。(2014/10/6)

iVDR EXPO 2014:
iVDR規格が”4K“と“ハイレゾ”をサポート、高付加価値パッケージ販売に意欲
iVDRコンソーシアムは、iVDR規格がパッケージビデオ販売を想定した4K記録に対応したことを明らかにした。音声は最大192kHz/24bitのリニアPCM(最大7.1ch)まで利用できるため、ハイレゾ音源の流通手段としても活用できそうだ。(2014/5/30)

中堅中小企業に贈るバックアップガイド【基礎編】:
PR:ただの「データ保管」では事業継続できない――データ復旧まで視野に入れた災害対策システムとは?
東日本大震災をきっかけに、多くの企業が不測の事態に備えて事業を継続するためのさまざまな施策に取り組んでいる。その取り掛かりとして最初に見直すべきなのが、データのバックアップとリカバリの仕組みだ。(2013/2/18)

センチュリー、2.5インチHDD/SSD 2基を前面から挿せる3.5インチベイラック
センチュリーは、3.5インチベイ内蔵型のHDDベイラック「CERS25R-BK2」を発売する。(2013/2/13)

ラトック、RAID-5対応のUSB 3.0/eSATA外付け型5ベイHDDケース
ラトックシステムは、リムーバブルベイを5段備えたUSB 3.0/eSATA接続対応のHDDケース「SA3-DK5-EU3R」を発売する。(2013/1/31)

ラトック、ブロガー向けのモニター募集キャンペーンを開始
ラトックは、同社製品のモニターを募集する「ブロガー限定!どどーんと30製品!モニターになって製品をもらっちゃおう。」キャンペーンを発表した。(2012/10/1)

イメーション、AES暗号化を搭載したRDX対応HDDカートリッジ
イメーションは、自動暗号化機能を搭載したRDXカートリッジ「RDXカートリッジセキュア」シリーズ3製品を発売する。(2012/6/26)

アイ・オー、カセット型HDD「iVDR-S」に対応したB5サイズのプレーヤー
アイ・オー・データ機器は、カセット型HDD「iVDR-S」に対応するハードディスクプレーヤー「IV-P1」を7月中旬に発売する。(2012/6/6)

日立マクセル、iVプレーヤーの新製品「VDR-P200」を発売
日立マクセルは、iVプレーヤーの新製品「VDR-P200」を発表した。iVDRスロットを搭載していないテレビでも録画した番組を楽しめる。(2012/1/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
「デュアルチャンネルセット的な」――GeForce GTX 560 Tiの2枚組モデルが話題に
メモリの複数枚セットのように、グラフィックスカードにもSLI構築に向いた2枚セットモデルが数量限定で登場した。パーツの売り方もどんどん新しくなっていく。(2011/12/5)

Woooみたい? :
日立マクセル、内蔵HDD・ダブルチューナー搭載のiVレコーダーを発表
日立マクセルは、リムーバブルHDD「iVDR」への録画が可能なiV HDDレコーダー「VDR-R2000」を発表した。新たにHDDを追加したほか、長時間録画やDLNAへの対応など機能面を充実。幅広いユーザーへ「iVDR」を訴求していく構えだ。(2011/5/24)

ラトック、USB 3.0対応の外付けリムーバブルHDDケース
ラトックシステムは、外付け型リムーバブルHDDケース「REX-SATA 3」シリーズにUSB 3.0接続対応モデルを追加した。(2011/3/9)

廉価なクラウドストレージも有力な選択肢に
中堅・中小企業のための効果的なバックアップ対策とストレージオプション
盗難、落雷、故障――予期せぬ事態の備えにバックアップは重要だ。IT専門部署がないような中堅・中小企業向けの、ディスクとクラウドストレージを利用するバックアップ対策を紹介しよう。(2010/11/22)

本田雅一のTV Style:
エコポイント半減間近! お買い得テレビガイド
エコポイントの付与ルール変更まであと10日あまり。今回は、単純に画質や機能だけでなく、製品の特長や実勢価格を拾いながらオススメのテレビを紹介していこう。(2010/11/19)

エイサー、Phenom II X6搭載プデスクトップPCなど2製品
エイサーは、CPUにPhonem II X6、およびCore i5をそれぞれ採用したデスクトップPC2製品を発表した。(2010/8/5)

Cooler Master、“4枚差し”対応のフルタワーPCケース
Cooler Masterは、Extended ATX、XL-ATXに対応するフルタワーPCケース「HAF X」を発表した。出荷開始は8月6日からの予定だ。(2010/7/27)

Ask The Expert
【Q&A】クラウドのバックアップコストは?
SMBにとって、クラウドバックアップサービスにはどのようなコストが掛かるのか。また、どんなベンダーが存在するのか。(2010/5/20)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」Vol.45:
基本性能アップ、録画テレビとしての魅力も増したプラズマ“Wooo”
アナログ停波が1年後に迫った2010年春。各社ともに全力投球で開発に当たったと思わせる魅力あふれる製品がずらりと登場した。今回はその中から日立製作所の最新プラズマテレビ「P50-XP05」を取り上げる。(2010/4/14)

“Wooo”の録画番組をPCで、アイ・オーのiVDR-Sアダプター
アイ・オー・データ機器は、iVDR-Sアダプター「RHDM-US/EX」を3月下旬に発売する。iVDR-S対応機器で録画した番組をPC上で再生できる。(2010/3/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
“冬ボ”で高級グリスが売れているらしい
冬のボーナスシーズンに突入したアキバでは、高級パーツや自作パーツ一式を一気買いするユーザーが増えている。その中で、高価なグリスも好調な売れ行きとの情報が。「自分へのご褒美」というが、はたして……。(2009/12/21)

日立マクセル、カセットHDD「iV」に500Gバイトモデルを追加
日立マクセルがiVDR規格準拠のリムーバブルHDD「iV」に500Gバイトモデルを追加した。8倍録画対応のWoooと組み合わせれば、500時間のハイビジョン録画が行える。(2009/11/25)

年末商戦突入! 冬ボで買いたいAV・デジカメ新商品はどれ?
冬のボーナスで何を買うか、もう決めているだろうか。2009年秋冬モデルのデジタルカメラ、薄型テレビ、BDレコーダーから読者の注目度が高い製品を紹介しよう。(2009/11/25)

日立、プラズマ&液晶WoooにHDD倍増の“035”シリーズ
日立製作所が、従来品の2倍となる500GバイトHDDを搭載した薄型テレビ“Wooo”の新製品を発売。8倍記録モードとあわせ、内蔵HDDへ最長約400時間のハイビジョン録画が行える。(2009/8/25)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「iVDR」――撮りためて持ち運び、外で見るメディア
レコーダーのHDDに録画したデジタル放送を自宅以外で見る際、現在ではBDなどにダビングするため手間がかかる、これを解決するのが、HDD内蔵のカートリッジ型メディア「iVDR」だ。(2009/7/16)

日立マクセル、iV対応のデジタル3波チューナー搭載レコーダー「VDR-R1000」
日立マクセルは、リムーバブルHDD「iV」への録画が可能な「iVレコーダー」を発表。3波対応のデジタルチューナーを内蔵する。(2009/7/9)

“もったいない”から使い続ける、三洋電機がiVDR対応デジタルチューナー「repoch」発表
三洋電機は、リムーバブルHDD「iVDR」を搭載した3波対応デジタルチューナー「IVR-S100M」を9月に発売する。アナログテレビをデジタル化し、デジタルテレビに買い替えた後はレコーダーとして使い続けることができる。(2009/7/8)

PR:スタイリッシュな2WayポータブルHDD「Apollo Expert UX」の魅力に迫る
イメーションが発表した「Apollo Expert UX」は、500Gバイトの大容量を備えたUSB接続のポータブルHDDだ。縦置き/横置き両対応のコンパクトボディに加え、ワンタッチで行えるバックアップ機能や残容量低下を知らせるイルミネーションパネルなど、さまざまな便利機能を搭載している。(2009/6/15)

日立マクセル、iVDR規格のカセット型HDD「iV」に320Gバイトモデルを追加
日立マクセルは、iVDR規格準拠のリムーバブルHDD「iV」のラインアップに320Gバイト/160Gバイトモデルの2製品を追加する。(2009/4/9)

日立マクセル、iVDR対応動画プレーヤー「VDR-P100」を直販限定で発売
日立マクセルは、カセット型リムーバブルHDD「iVDR」に対応する外付け型動画プレーヤー「VDR-P100」を発表。TVに接続してHD動画を再生できるほか、LAN内コンテンツの再生も可能だ。(2009/3/26)

ラトック、ロックキーを固有鍵に変更した法人専用リムーバブルHDDケース
ラトックシステムは、5インチベイ内蔵型のSATAリムーバブルケース「SA-RC1A-K」を発表。前面のロックキーを固有鍵に変更している。(2009/3/4)

本田雅一のTV Style:
満足度を高める“テレビ選び”のポイント
景気後退が叫ばれる中、薄型テレビも中小型が多く売れているようだ。しかし、テレビといえば比較的長い寿命を持つ家電製品。なるべく満足度の高い買い物ができるよう、お勧め製品とその買い方の両面からテレビ選びのポイントを紹介しよう。(2008/12/8)

“Wooo”「UT770」、アクトビラ ダウンロードに対応
HDD搭載液晶テレビ“Wooo”「UT770」シリーズがダウンロード型映像配信サービス「アクトビラ ビデオ/ダウンロードサービス」に対応する。(2008/11/28)

PR:ポータブルHDDで未来を切り開くイメーション
記録メディアやストレージ市場で確固たる地位を築くイメーションが、ポータブルHDDやUSBメモリといったPC用周辺機器を続々と投入している。その背景や戦略を聞いた。(2008/11/28)

CEATEC JAPAN 2008:
iVDRプレーヤーが市販化、パッケージソフト販売も
リムーバブルHDD「iVDR」のプレーヤーが市販化決定。オペラやバレエのハイビジョン映像を長時間収録したパッケージも販売される。(2008/10/1)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」Vol.22:
日立「UT37-XP770」でBD「ウォーター・ホース」の叙情を楽しむ
わが家の環境に、つい最近37V型液晶テレビの日立製作所「UT37-XP770」が加わった。そう、薄さ35ミリをうたう日立UT(Ultra Thin)シリーズの最新モデルである。(2008/9/4)

マウスコンピューター、5万円台からのWindows Home Server搭載ホームサーバなど2製品
マウスコンピューターは、OSとしてWindows Home Server(Power Pack 1)を搭載したホームサーバ「LM Media Server」「MDV Media Server」を発表した。(2008/8/20)

日立、「HDブラックパネル」搭載の37V型プラズマ“Wooo”
日立製作所が「HDブラックパネル」を採用し、コントラスト比1万5000:1を実現する37V型プラズマ“Wooo”「P37-HR02」を発売。(2008/8/5)

日立、超薄型テレビ「Wooo UT」に47V型を追加
日立製作所が薄型液晶テレビ「Wooo UT」シリーズに47V型の「UT47-XP770B/W」「UT47-XV700」を追加。47V型ながらも最薄部35ミリのスリムさ。(2008/8/5)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。