ニュース
» 2009年03月18日 18時23分 公開

Antec、着脱コネクタ採用の750ワット電源「TP-750AP」など5製品

リンクスインターナショナルは、Antec製となる750ワットATX電源「TP-750AP」など5製品を発表した。

[ITmedia]
photo TP-750BLUEAP

 リンクスインターナショナルは3月18日、Antec製となる750ワットATX電源「TP-750AP」「TP-750BLUEAP」、650ワットモデル「TP-650AP」、550ワットモデル「TP-550AP」を発表、3月20日より発売する。価格はオープン、予想実売価格はTP-750BLUEAPが1万7700円前後、TP-750APが1万7000円前後、TP-650APが1万5000円前後、TP-550APが1万2500円前後だ。

 4製品はいずれも、ATX12V Ver.2.3およびEPS12V Ver.2.91に準拠するATX電源ユニットで、80PLUS BRONZE認証済みとなるモデル。ともに+12V出力を4系統装備しており、安定した高出力を実現している。

 搭載ファンは12センチ角ファンで、TP-750BLUEAPはブルーLEDを内蔵。ケーブルは取り回しが容易な着脱式ケーブルを採用した。


photo CP-850

 またリンクスインターナショナルは、Antac製の独自フォームファクタ電源「CP-850」の取り扱いを発表、3月20日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は2万2500円前後。

 CP-850は、Antec製PCケース「TWELVE HUNDRED」、および「P183」「P193」(ともに未発売モデル)に適合する大型サイズの電源ユニットで、本体サイズは175(幅)×201(奥行き)×119(高さ)ミリ。独自のフォームファクタを採用したことにより、エアフローを向上させたのが特徴となるモデルだ。冷却機構はストレート吸排気式で、12センチ角ファンを吸気側に搭載した。

 電源出力は850ワットで、ATX12V Ver.2.3およびEPS12V Ver.2.91に対応。+12V出力は4系統を装備した。ケーブルは着脱式を採用、PCI Expressコネクタは6+2ピン×2、6ピン×2(最大)を利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう