ニュース
» 2009年04月01日 13時50分 UPDATE

“なんか夏っぽい”USBメモリ登場

グリーンハウスは、サーフボード型とビーチサンダル型の4GバイトUSBメモリを発売。ラバー筐体を採用し、キャップ紛失の心配を防ぐ工夫も設けた。価格は3780円。

[ITmedia]

 グリーンハウスは4月1日、サーフボード型USBメモリ「PicoDrive SURF」、ビーチサンダル型USBメモリ「PicoDrive BEACH」を発表、2009年4月上旬に発売する。双方、容量は4Gバイト。価格はオープン、予想実売価格は3780円。

photophoto 「PicoDrive SURF」と「PicoDrive BEACH」。PicoDrive BEACHはミサンガふうストラップが付属する

 どちらも外装にソフトなラバー素材を採用し、デザイン性とともに落下時などの耐衝撃性を備える。PicoDrive BEACHはキャップとビーチサンダルの鼻緒がつながっており、キャップ紛失の心配も少ない。カラーはPicoDrive SURFがハイビスカスレッド、タトゥーグリーン、ラインブルーの3色、PicoDrive BEACHはスカイブルー、マンゴーオレンジ、サニーレッドの3色を用意する。

 対応OSは32ビット版Windows Vista(ReadyBoost非対応)/XP(SP2以降)/2000 Professional(SP4以降)、Mac OS X(10.1.3以降)。本体サイズはPicoDrive SURFが80(幅)×20.5(奥行き)×5(高さ)ミリ、重量約7グラム、PicoDrive BEACHは49(幅)×22(奥行き)×14(高さ)ミリ、重量約6グラム。

関連キーワード

ReadyBoost | USBメモリ | グリーンハウス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう