ニュース
» 2009年08月20日 15時11分 UPDATE

工人舎、Atom搭載の2スピンドルA4ノートPC「KOHJINSHA EX」シリーズ

工人舎は、11.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したAtom搭載ノートPC「KOHJINSHA EX」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo KOHJINSHA EX

 工人舎は8月20日、11.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したAtom搭載ノートPC「KOHJINSHA EX」シリーズ(EX6KX16MA)を発表、本日より受注を開始する。価格は6万9800円(税込み)。

 EX6KX16MAは、A4サイズのスタンダード筐体を採用したノートPCで、CPUとしてAtom N270(1.6GHz)を搭載。液晶ディスプレイは1366×768ドット表示対応の11.6型タッチパネル液晶ディスプレイを内蔵、ディスプレイを反転させることでタブレットPCとしても利用可能だ。OSはWindows XP Home Edition。

 メモリは1Gバイト、HDDは160Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。Webカメラは液晶ディスプレイ側と天板側に計2基を搭載、そのほかIEEE802.11b/g/n(ドラフト3.0)、Bluetooth Ver2.0+EDR、指紋認証センサーなども利用できる。本体サイズは約300(幅)×231.5(奥行き)×26〜33.8(高さ)ミリ、重量は約1.7キロ。


 また工人舎は、同社製ミニノートPC「SK」シリーズの普及型モデル「SK3KX06L」を発表、本日より受注を開始する。価格は4万9800円(税込み)

 2009年6月に発売された「SK」シリーズの下位モデルで、GPS機能/ワンセグチューナーを削除したほか、Bluetoothも未搭載とし価格を抑えている。そのほかのスペックは従来同様。メモリは1Gバイト、HDDは60Gバイトを装備。OSはWindows XP Home Editionだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう