ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「工人舎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工人舎」に関する情報が集まったページです。

オンキヨーが工人舎と協業 2画面モバイルノートなど発売
オンキヨーが工人舎と協業。デュアルディスプレイ搭載機など高付加価値なバイルノートをONKYOブランドで発売する。(2009/12/10)

オンキヨー、デュアルディスプレイノートなど新製品3モデルを発表
デュアルディスプレイノートや370グラムノートが“ONKYO”ブランドで登場する。同社は、製品説明会で工人舎と協業する目的を説明した。(2009/12/10)

デュアルディスプレイのモバイルノート、工人舎から7万円台で
10.1インチディスプレイ×2を搭載したモバイルノートPCが工人舎から。2枚のディスプレイを横に並べてマルチディスプレイとして使える。7万9800円。(2009/11/27)

モバイルPCで2048×600ドット:
10.1型デュアルワイド液晶を搭載した8万円切りノートPCが登場――「KOHJINSHA DZ」シリーズ
工人舎がスライド式の2画面液晶ディスプレイを搭載したノートPC「KOHJINSHA DZ」シリーズを投入する。販売は12月11日からの予定だ。(2009/11/27)

工人舎、重量約400グラムのコンバーチブル液晶搭載ミニPC「KOHJINSHA PA」
工人舎は、回転式の4.8型ワイド液晶を内蔵したAtom搭載ミニPC「KOHJINSHA PA」を発表した。(2009/10/22)

345グラムで7時間駆動:
“Windowsの恩恵”を受ける超小型マシン――工人舎「PM」シリーズに迫る
工人舎から登場した超小型Windowsマシン「PM1WX16SA」を試した。長文入力は? ニコ動再生は? (2009/10/7)

CEATEC JAPAN 2009:
400グラム+7.5時間駆動+SSD──工人舎にあった「もう1つのポケットに入る」小型XPマシン
345グラムの小型XPマシン「KOHJINSHA PM」シリーズをリリースした工人舎が、「もう1つ」の小型マシンを用意していた。CEATEC JAPAN 2009の工人舎ブースで参考展示する。(2009/10/7)

mbook改良版:
工人舎が345グラムで7時間駆動の小型PCを発売
工人舎がタッチパネル付き4.8型液晶を搭載したMID「KOHJINSHA PM」シリーズを10月上旬より出荷する。重さ約345グラム、最薄部13.5ミリというポケットサイズのボディが特徴。(2009/9/8)

工人舎、Atom搭載の2スピンドルA4ノートPC「KOHJINSHA EX」シリーズ
工人舎は、11.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したAtom搭載ノートPC「KOHJINSHA EX」シリーズを発表した。(2009/8/20)

工人舎、Windows 7優待アップグレードキャンペーンを発表
工人舎は、同社製ミニノートPC購入者が対象の「Windows 7優待アップグレードキャンペーン」の詳細を発表した。(2009/8/11)

工人舎、重量720グラムの7型ワイド液晶搭載軽量ミニノート「SK3KX06GA」
工人舎は、モバイル向けに特化したタッチパネル7型ワイド液晶内蔵ミニノートPC「SK」シリーズを発表。従来モデル比で100グラムの軽量化を実現した。(2009/6/23)

工人舎、ワンセグ内蔵のAtom搭載ミニノート「MT」シリーズ
工人舎は、Atom搭載/10.1型ワイド液晶内蔵のミニノートPC「MT」シリーズを発表。標準でワンセグチューナーを内蔵した。(2009/4/14)

工人舎、カラバリ7色を揃えるAtom搭載ミニノート「ML」シリーズ
工人舎は、Atom搭載のミニノートPC「ML」シリーズを発表。計7色のカラーバリエーションを用意した。(2009/3/25)

工人舎、ワンセグ搭載/タッチパネル内蔵ミニノート「SC」シリーズを値下げ――4万円台から
工人舎は、7型ワイドタッチパネル液晶装備のAtom搭載ミニノートPC「SC」シリーズのラインアップを改定、新価格で提供する。(2009/2/10)

ガチャピンとムックのミニノート 7万9800円で「セカンドPCに」
ガチャピンとムックをモチーフにしたノートPCが登場。工人舎のミニノートをベースに7万9800円と低価格に抑え、ファンのセカンドPC需要に期待する。(2009/2/6)

工人舎、Atom搭載の“スタンダード”ミニノート「KOHJINSHA ML」
工人舎は、Atom N270(1.6GHz)を標準装備したミニノートPC「ML」シリーズを発表。液晶は8.9型ワイド液晶を備える。(2008/12/22)

工人舎、Atom搭載ミニノート「SX」「SC」にWindows XPモデルを追加
工人舎は、同社製ミニノートPC「SX」「SC」シリーズのラインアップにWindows XPプリインストールモデルを追加した。(2008/11/25)

工人舎、ワンセグ搭載UMPC「SH」「SA」新モデル――HDD容量を強化
工人舎は、Intel A100搭載/ワンセグ装備のUMPC新モデル「SH6KT12A」「SH6KT12F」、およびエントリーモデル「SA5ST12A」「SA5ST12F」を発表した。(2008/11/7)

GPS内蔵モデルも:
8万9800円のAtom搭載ミニノート――工人舎「SC3KP06A」
工人舎からAtomを採用したミニノートPCが登場した。タッチ入力に対応した7インチワイド液晶を搭載しつつ、重量は800グラムを切る。(2008/6/24)

工人舎、8.9インチWXGA液晶内蔵のAtom搭載ミニノート「SX3KP06MA」
工人舎は、CPUとしてAtom Z520を採用した2スピンドルタイプのミニノートPC「SX3KP06MA」シリーズを発表した。(2008/6/24)

工人舎、5万9800円の7インチ液晶モバイルノートPC
工人舎がモバイルノートPC「KOHJINSHA SA シリーズ」に5万9800円と7万9800円の低価格モデルを追加、4月18日より販売を開始する。(2008/4/15)

工人舎製ミニノートをベースとしたモバイルシンクライアントを発表――サイボウズMT
サイボウズ・メディアアンドテクノロジーは、工人舎製ミニノートPC「SA」「SH」シリーズをベースとしたモバイルシンクライアント「Nexterm TN07 Series」を発表した。(2008/2/1)

工人舎、直販“工人舎ダイレクト”で下取りサービスを開始
工人舎はソフマップとの提携を発表、直販サイト「工人舎ダイレクト」での下取りサービスを開始する。(2008/1/30)

“黒船”に反撃:
6万円台のミニノート「SA5SX04A」は、Eee PCに対抗できるか
Eee PCの国内販売が始まったが、これに早くも“待った”をかける新製品が登場した。工人舎「SA」シリーズの最新モデルは、「もうEee PC買っちゃったよ……」とつぶやく人たちを涙目にさせてしまうのか。(2008/1/25)

工人舎、7インチWSVGA液晶搭載のモバイルノート「SA5SX04A」――6万円台モデルも用意
工人舎は、7インチワイド液晶ディスプレイ内蔵のモバイルノートPC「KOHJINSHA SA」シリーズの最新モデル「SA5SX04A」など3製品を発表した。(2008/1/24)

写真で解説する「SR」シリーズ:
工人舎のミニノートに光学ドライブ搭載モデルが登場
工人舎は、7インチワイドのタッチパネル液晶を搭載したモバイルPC「SR」シリーズを1月18日より発売する。重量1.1キロの本体にDVDスーパーマルチを搭載した2スピンドル仕様だ。(2008/1/8)

工人舎、CPUを強化した新ミニノートPC「SH8」シリーズ発表――SSDモデルも用意
工人舎は、タッチパネル対応の7インチ液晶ディスプレイを内蔵するミニノートPC新モデル「SH8」シリーズを発表した。(2007/9/5)

真夏のUMPC徹底攻略:
第3回 LOOX UとSH6をメディアプレーヤーとして活用する
富士通のLOOX Uと工人舎のKOHJINSHA SH6を横並びで検証する特集も今回で最終回。最後はこれらをポータブルメディアプレーヤーとして使ってみた。(2007/8/16)

真夏のUMPC徹底攻略:
第2回 LOOX UとSH6の使い勝手を比較する
同じIntel Ultra Mobile Platform 2007を採用した富士通のLOOX Uと工人舎のKOHJINSHA SH6だが、見た目も中身もかなり違っている。それぞれの使い勝手を検証した。(2007/8/15)

真夏のUMPC徹底攻略:
第1回 LOOX UとSH6の性能を見極める
暑い夏はノートPCも小さく、軽く、スマートに持ち歩きたい。本特集では、品薄が続く人気UMPCの「LOOX U」と「KOHJINSHA SH6」を触り比べてみた。(2007/8/14)

Vistaもワンセグも入って10万円以下:
工人舎のミニPCを分解して、見た!――KOHJINSHA SH6シリーズ
「Intel Ultra Mobile Platform 2007」準拠のミニPCに生まれ変わった工人舎の「SH6」シリーズ。LOOX Uシリーズに続き、気になる中身をチェックした。(2007/8/14)

工人舎、ミニノート「SH6」シリーズにSSD搭載モデルを追加
工人舎は、同社製モバイルノートPC「KOHJINSHA SH」シリーズの新モデルとして、SSDを標準搭載する7インチタッチパネル内蔵のモバイルモデル「SH6KPS3ABX1」を発売する。(2007/8/2)

最新プラットフォームで面目一新のUMPC──工人舎「KOHJINSHA SH6」シリーズ
2006年にリーズナブルなミニノートPC「SAF1」を登場させた工人舎から、Intel Ultra Mobile Platform 2007を採用した新シリーズが投入される。そのファーストインプレッションをお届けしよう。(2007/6/26)

9万9800円でVista入りUMPCが手に入る:
工人舎、ワンセグチューナー内蔵のUMPC──KOHJINSHA SH6シリーズ
工人舎のミニPCが「Intel Ultra Mobile Platform 2007」準拠のUMPCに生まれ変わった。10万円を切る価格をそのままに性能を大幅に強化し、新たにワンセグチューナーを内蔵するなど見どころが満載だ。(2007/6/26)

工人舎、7インチ液晶モバイルノートにタッチパネル搭載モデルを追加
工人舎は、タッチパネル7インチ液晶ディスプレイを装備するモバイルノートPC「KOHJINSHA SA1F00V」「同 SA1F00VW」を発売する。(2007/4/23)

工人舎、7インチ液晶搭載ミニノート「SAシリーズ」にプラチナホワイトモデルを追加
工人舎は、ミニノートPC「KOHJINSHA SA」シリーズにプラチナシルバーモデルを追加した。標準でOffice Personalを同梱する。(2007/1/23)

工人舎のミニPCを再検証:
8万9800円PCをメディアプレイヤーとして使い倒す
8万9800円という低価格で話題を集めている工人舎のミニノートPC「SA1F00A」。前回のレビュー記事に続き、メディアプレイヤーとしての使い勝手を検証した。(2006/11/24)

工人舎、9万円を切るモバイルSempron搭載A4ノートPC
工人舎は、CPUとしてモバイルSempron 3200+を搭載する15.4インチワイド液晶内蔵ノートPC「EW1H56A」「EW1H56F」を発売する。(2006/11/8)

少ないボーナスでも安心!?:
工人舎の8万9800円ミニノートPCを試す
工人舎から12月に発売される重量約960グラムのミニPC「SA1F00A」。9万円を切る低価格は大きな魅力だが、果たしてその実力はいかほどのものだろうか。(2006/11/8)

工人舎のミニノートPCを分解して、見た!
7インチの回転式ワイド液晶ディスプレイとAMDのGeodeを採用した、ミニノートPCのニューフェイス工人舎「SA1F00A」の中身を見ていこう。(2006/11/7)

コンセプトは“本当のサブノート”:
工人舎、7インチ液晶とGeodeで8万9800円のミニノートを発売
工人舎は、重量が約960グラムのミニノートPC「SA1F00A」を12月に発売する。価格は8万9800円からだ。(2006/11/7)

ティザー広告を展開中:
工人舎の低価格ミニPC、いよいよ発表へ
11月1日に一部のTVでその姿が放映された、工人舎のミニPC「SA1F00A」の全容がいよいよ明らかにされる。(2006/11/6)

君はコウジンシャを見たか――14インチワイド戦線に挑む「APERA SW」の実力
横浜に拠点を置くPCプロフェッショナル工房「工人舎」は、昨年同社が立ち上げた新ブランド「APERA」から2台のノートPCを世に送り出している。以前紹介した「APERA SS」に続き、ここでは14インチワイド液晶を搭載した2スピンドル機「APERA SW」を紹介しよう。(2006/3/9)

工人舎、ノートPC「APERA」シリーズ向けキャンペーンを実施
工人舎は、同社製ノートPC2モデル「APERA SS」「APERA SW」シリーズを低価格で提供する期間限定キャンペーン「スプリングキャンペーン」を開始した。(2006/2/21)

レビュー:
スリムノートPCがほしいのだ! 工人舎の挑戦─ APERA SS
2005年12月、ヨドバシカメラの店頭に濃紺の天面が映える最薄部18.6ミリ、重量約1.2キロのスリムノートPCが出現した。工人舎が放つ、その名はAPERA SSという。(2006/2/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。