ニュース
» 2009年08月27日 17時06分 UPDATE

オウルテック、プラグインケーブル採用の静音ATX電源「EVEREST」など2モデル

オウルテックは、80PLUS BRONZE認証の静音ATX電源「EVEREST」「風雅」の2モデルを発表した。

[ITmedia]
photo EVEREST

 オウルテックは8月27日、80PLUS BRONZE認証の静音ATX電源「EVEREST」「風雅」の2シリーズを発表、9月上旬より発売する。価格はオープン。

 EVERESTシリーズは、着脱可能なモジュラー式ケーブルを採用したATX12V v2.2/EPS12V v2.91対応のATX電源ユニット。ケーブル、エアフローの向上に役立つ、平たく束ねやすい薄型のフラットケーブルとなっている。一次側コンデンサに日本メーカー製の105度電解コンデンサを採用。冷却ファンは12センチ角の静音ファンで、新型ファンコントロール機能を装備した。

 ラインアップは520ワットモデル/620ワットモデル/720ワットモデルの3製品を用意。予想実売価格はそれぞれ1万2800円/1万4800円/1万6800円だ。


photo 風雅

 風雅シリーズは、ATX12V v2.3/EPS12V v2.92に対応するATX電源ユニットで、モジュラー式ケーブルを採用。コンデンサは1次側/2次側とも日本メーカー製105度電解コンデンサを用いたほか、冷却ファンには山洋電気製の12センチ角静音ファンを内蔵した。

 ラインアップは500ワットモデル/600ワットモデル/700ワットモデルの3製品。予想実売価格は1万4800円/1万7400円/1万9800円だ。

関連キーワード

電源ユニット | 静音 | オウルテック | 自作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう