ニュース
» 2009年09月02日 13時59分 UPDATE

バッファロー、Windows Storage Server 2003 R2搭載の高機能NAS「WS-QL/R5」

バッファローは、同社製NAS「テラステーション」の新モデル「WS-QL/R5」シリーズを発表。Windows Storage Server 2003 R2を導入しているのが特徴だ。

[ITmedia]
photo WS-QL/R5シリーズ

 バッファローは9月2日、同社製NAS「テラステーション」の新モデル「WS-QL/R5」シリーズを発表、9月中旬より出荷する。価格は2Tバイトモデルの「WS-Q2.0TL/R5」が15万8000円、4Tバイトモデルの「WS-Q4.0TL/R5」が19万8000円。

 WS-QL/R5シリーズは、Windows環境との親和性が高いWindows Storage Server 2003 R2をOSとして導入した高機能NASで、計4基のHDDを内蔵しRAID構成に対応。RAID-0/1/5(およびスパンニング)を利用可能だ。Active Directoryとの連携機能も備えており、アカウント情報の一元管理も行える。

 接続インタフェースはギガビットLANに対応。本体サイズは170(幅)×230(奥行き)×215(高さ)ミリ、重量は約8キロ。

関連キーワード

バッファロー | NAS | Windows Storage Server | RAID


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう