ニュース
» 2009年10月07日 11時53分 UPDATE

バッファロー、“世界初”のUSB 3.0接続対応外付けHDD

バッファローは、次世代USB規格となるUSB 3.0接続に対応した外付けHDD「HD-HU3」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo HD-HU3シリーズ

 バッファローは10月7日、次世代USB規格となるUSB 3.0接続に対応した外付けHDD「HD-HU3」シリーズを発表、10月下旬より出荷を開始する。価格は1Tバイトモデルの「HD-H1.0TU3」が2万円、1.5Tバイトモデルの「HD-H1.5TU3」が2万5300円、2Tバイトモデルの「HD-H2.0TU3」(受注生産品)が4万6600円。

 HD-HU3シリーズは、理論値最大5Gbpsとなる次世代USB規格のUSB 3.0接続をサポートした外付け型HDD。同社実測テストでの転送速度は130Mバイト/秒以上と、USB 2.0接続型の従来外付けHDD比で約3.7倍の高速転送が可能となっている。また、同社製USB高速化技術の「ターボUSB」も利用可能だ(ターボUSB ONで約6%の高速化)。

 本体サイズは45(幅)×156(奥行き)×175ミリで、冷却ファンも内蔵した。対応OSはWinsows XP/Vista/7、Mac OS X 10.4以降(Mac OSはUSB 2.0接続のみサポート)。


 またバッファローは、USB 3.0増設カード「IFC-PCIE2U3」を発表、10月下旬より出荷する。価格は5300円。

 IFC-PCIE2U3は、PCI Express x1接続対応の内蔵型増設カードで、2基のUSB 3.0ポートを利用可能。ロープロファイル接続にも対応する。対応OSはWindows XP/Vista/7。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう