ニュース
» 2010年06月02日 21時34分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2010:Thermaltakeのブースで“新手のスタンド使い”を見た (1/2)

自作ユーザーにはおなじみのPCパーツベンダー「Thermaltake」のブースで、今年の夏に投入される予定の新製品を見てきた。“スタンド使い”な感じのPCケースが登場するよ。

[後藤治,ITmedia]
og_taipei5_001.jpg 「Ttesports」(Thermaltakeのゲーミングブランド)のコンパニオンさん

 COMPUTEX TAIPEI 2010の公式スポンサーとして名前を連ねるThermaltake Technologiesは、南港展覧館4階にかなり大きなブースを設置し、同イベントにあわせて数々の新製品を披露している。まずはPCケースから見ていこう。

 今回の展示で最も心に響いたのは、ゲーミング向けミドルタワーケース「V9」シリーズに投入される「V9 BlacX Edition」だ。全面をブラックで塗ったシャープな外観や、上面後部に23センチの静音ファン(800rpm/15dBA)をレイアウトする構造は従来のV9 Black Editionと同じだが、上面前方になんと2つのHDDスタンドを設置している。よくあるHDDスタンド同様、スロットにHDDを差し込むとカバーが下に落ちて装着される仕組みで、Serial ATA HDDがそのままeSATAとして認識されるという。3.5インチだけでなく2.5インチドライブも利用可能だ。なお、公式的にはホットスワップはサポートしていないとのこと(マザー次第ということか)。このほかUSB 3.0コネクタを持つのも特徴だ。

 ドライブベイは5インチが3基、3.5インチが7基(うち5基はシャドウベイ)。ファンは、フロントに12センチの吸気ファン、後方に12センチの排気ファン、上面に23センチの排気ファンを搭載するほか、オプションで14センチファンも搭載できる。本体サイズは215(幅)×480(奥行き)×490(高さ)ミリ、重量は約6.85キロだ。出荷時期は未定、価格は100米ドルとのことだったが、国内での販売価格は1万7000円前後になるようだ。

og_taipei5_002.jpgog_taipei5_003.jpgog_taipei5_004.jpg これが「V9 BlacX Edition」。よく見ると上部に何か刺さっていて思わず“2度見”してしまう(写真=左)。なんと上部には2つのHDDスタンドがあるのだった。こんなケースは見たことがない(写真=中央)。サイドパネルのデザインも変更され、透明のアクリルパネルで中が透けるようになった。ただ、このためV9 Black Editionで搭載されていたサイドファンは省かれている(写真=右)

 このほか、V9 BlacX Editionと同じギミックを搭載する「V6 BlacX Edition」も並んでいた。こちらはHDDスタンドが1基で、日本での価格は約1万5000円程度。早ければ7月には出荷される見込み。また、夏以降に投入予定の製品として、側面側にHDDドックを内蔵する「ARMOR A60」や、23センチファンを本体上部に搭載する“キューブ型”PC「ARMOR A60」、V3 Black Editionの改良版としてツールフリー構造をすべてのベイに取り入れた「V4 Black Edition」などもあり、これからたくさんの新製品が日本に上陸すると思われる。

og_taipei5_005.jpgog_taipei5_006.jpgog_taipei5_007.jpg V6 BlacX EditionはHDDスタンドが1基。同じくSerial ATA接続で2.5インチ/3.5インチドライブの両方を利用できる

og_taipei5_008.jpgog_taipei5_009.jpgog_taipei5_010.jpg 「ARMOR A60」は6基あるHDDベイのうち1基が側面からそのまま装着可能。こちらは3.5インチのみ利用できる。従来モデルと比較して、天面の排気ファンが20センチのものに加えて、12センチファンをオプションで追加できる構造になった

og_taipei5_011.jpgog_taipei5_012.jpgog_taipei5_013.jpg Micro ATX/Mini ATX対応のキューブ型(とは言えないくらい大きいが)モデル「ARMOR A30」は、280(幅)×480(奥行き)×265(高さ)のサイズを生かしてHD Radeon 5970のような長いグラフィックスカードも装着できるのが特徴だ。上面の23センチファンは800rpm/15dBAと静音設計になっている。5インチベイを1基、3.5インチベイを3基(うち2基がシャドウベイ)、2.5インチベイを2基備える(写真=左/中央)。「V4 Black Edition」はドライブベイがすべてツールフリー構造になった(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう