ニュース
» 2010年07月26日 14時07分 UPDATE

エイサー、約6万円からのビジネス向きDLPプロジェクター

日本エイサーは、ビジネス向きとなるDLPプロジェクター計2製品「P1100C」「P1200B」を発売する。

[ITmedia]
photo P1100C

 日本エイサーは7月26日、ビジネス向きとなるDLPプロジェクター計2製品「P1100C」「P1200B」を発表、8月4日より順次発売する。価格はオープン、予想実売価格はP1100Cが6万円前後、P1200Bが8万円前後。

 P1100C/P1200Bはそれぞれ、800×600/1024×768ピクセル表示に対応したDLPプロジェクター。P1200BはLAN接続にも対応しており、PCからの電源管理や機能調整を行える。

 インタフェースはアナログD-Sub/コンポーネント/コンポジット/Sビデオを備えた(P1200BはHDMIも装備)。USBポートも搭載、USBメモリ内のJPEG/BMP画像を直接投写することも可能だ。またUSBディスプレイ機能も備えており、PCとUSB接続を行うだけで投写できる。

 本体サイズは269(幅)×206(奥行き)×84(高さ)ミリ、重量は2.45キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう