ニュース
» 2010年11月08日 11時55分 UPDATE

日本HP、独自OS採用の小型シンクライアント「HP t5745 Thin Client」

日本ヒューレット・パッカードは、Linuxベースの独自OSを標準搭載した小型筐体採用シンクライアント「HP t5745 Thin Client」を発表した。

[ITmedia]
photo HP t5745 Thin Client

 日本ヒューレット・パッカードは11月8日、Linuxベースの独自OSを標準搭載した小型筐体採用シンクライアント「HP t5745 Thin Client」を発表、11月11日より販売を開始する。価格は3万7800円(税込み)。

 HP t5745 Thin Clientは、同社製のAtom搭載小型シンクライアント「t5740」同様のハードウェア設計を採用した製品で、OSとしてLinuxベースの独自セキュアOS「HP ThinPro」を採用した低価格モデルだ。

 CPUはAtom N280(1.66GHz)、メモリは1Gバイトを内蔵。映像出力はアナログD-Sub/Display Portを備えた。またVMware View/Citrix XenDesktop対応の簡易設定ウィザードを搭載するなど、各種管理ツールを標準で装備している。

関連キーワード

HP | OS | シンクライアント | Atom | DisplayPort | セキュアOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう