ニュース
» 2010年11月15日 13時00分 UPDATE

すごく、小さいです:世界最小クラスのドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」

PFUが重量約350グラムのドキュメントスキャナを発表。USBバスパワーで駆動するほか、クラウドサービスとの連携機能も備え、外出先での“どこでもスキャン”を実現する。

[ITmedia]
og_scansnap_001.jpg ScanSnap S1100

 PFUは11月15日、世界最小クラスのドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」を発表した。2010年11月20日より販売する。PFUダイレクト価格は1万7800円。楽々ライブラリ パーソナルV5.0のセットモデルが2万2800円。

 ScanSnap 1100は、本体サイズが273(幅)×47.5(奥行き)×34(高さ)ミリ、重量わずか350グラムと、コンパクトモデル「S1300」からさらに4分の1以下の容積を実現しているのが最大の特徴。もちろん、携帯利用に便利なUSBバスパワーで駆動する。一方、読み取り速度は、約7.5秒/枚と、S1300に比べてほぼ半分ほどの速度になるほか、1枚送りの片面読み取りのみ(ただし、連送給紙機能はある)で、自動給紙や両面スキャンには対応しない。なお、ストレートパスを採用したことで、プラスチック製の会員カードなども読み取れるようになった。

 外出先で資料をすぐにスキャンしたい、といったシーンに便利なモバイル用途向けのモデルといえるが、機能面でもこの機動性を生かす連携機能を備えている。具体的には、ScanSnapのクイックメニューに、EvernoteやGoogleドキュメントなどと連携するパスを用意。これにより、読み取った資料をEvernoteやGoogleドキュメントに保存し、管理したりほかのユーザーと共有できるようになった。このほか、スキャン画像をOCR処理してPDFキーワードを抽出するインテリジェント・インデックス機能や、サイズの自動検出/傾き補正といった機能は踏襲している。

og_scansnap_002.jpgog_scansnap_003.jpgog_scansnap_004.jpg 読み取りは片面のみ。ただし、ストレートパスのためプラスチック製IDカードなど厚手の原稿も送れるようになった(写真=左)。本体左側面。奥行きはわずか47.5ミリと、スペースのない机上にも置けるサイズだ(写真=中央)。USBバスパワーで駆動する(写真=右)

 なお、同社はScanSnap S1100の発売を記念として、2010年11月15日〜2011年1月16日までに対象製品を購入し、ユーザー登録したユーザーの中から、iPadなどが当たるキャンペーンも実施している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.