ニュース
» 2011年01月26日 16時25分 UPDATE

アイ・オー、USB 3.0対応の「超高速カクうす」が登場

アイ・オー・データ機器は、バスパワー動作のポータブルHDD「カクうす」シリーズに、USB 3.0の高速転送に対応した「超高速カクうす」を追加した。

[ITmedia]
og_io_001.jpg HDPA-UT(ピアノブラック)

 アイ・オー・データ機器は1月26日、USB接続のポータブルHDD「超高速カクうす」(HDPA-UTシリーズ)を発表、2月下旬より出荷する。ラインアップは500Gバイトと1Tバイトで、価格はそれぞれ1万2500円と1万7800円(税別)。カラーバリエーションとして、スノーホワイトとピアノブラックの2色が用意される。

 バスパワーで駆動する「カクうす」のデザインを引き継ぎつつ、USB 3.0の高速転送に対応したのが最大の特徴。USB 3.0/2.0両対応(MicroB)コネクタのほか、従来のUSB 2.0対応(miniB)コネクタも搭載する。このほか、ボタン設定アプリ「ポチっとな」をインストールすると側面ボタンからドライブフォルダのオープンやドライブ取り外しが行える「ポチッとな」ボタンも備える。

 本体サイズと重量は、500Gバイトモデルが約75(幅)×128(奥行き)×14(高さ)ミリ/約190グラム、1Tバイトモデルが約75(幅)×128(奥行き)×17(高さ)ミリ/約210グラム。対応OSは、Windows 7/Vista/XP、およびMac OS X 10.4〜10.6(Macでの利用はUSB 2.0のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう