ニュース
» 2011年03月31日 18時52分 UPDATE

ハギワラシスコムが民事再生申し立て

PC周辺機器なども販売していたハギワラシスコムが民事再生法の適用を名古屋地裁に申し立てた。

[ITmedia]

 PC周辺機器なども販売していた半導体関連卸のハギワラシスコムは3月31日、民事再生法の適用を名古屋地裁に申し立てた。帝国データバンクによると負債は約100億円。

 1953年創業。当初は非鉄精錬会社だったが、90年代に半導体関連に転換。ファブレスメーカーとしてフラッシュメモリなどを販売し、2006年5月期の売上高約305億6600万円だった。

 だが近年は単価下落もあり、損益面が悪化。量販店向け販売の縮小などで10年5月期に売上高が約246億6900万円にまで落ち込んでいた。メーカーへの販売比率が増加したことから回収期間が長くなり、資金繰りが悪化。今期に入っても改善せず、資金繰りが限界に達していたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう