レビュー
» 2011年08月09日 11時30分 UPDATE

やっぱり気になる“地デジ”PC:“テレビよし、省スペースよし、価格よし”の新作ボードPC――「FMV ESPRIMO FH56/DD」を試す (1/4)

「FMV ESPRIMO FH56/DD」は、富士通の新型ボードPC。3波ダブルチューナーやBDXL対応BDドライブなど、充実の装備とコストパフォーマンスのよさに注目したい。

[望月瞬(撮影:矢野渉),ITmedia]

ホーム&パーソナルにぴったりの省スペースな液晶一体型PC

tm_1108fh_01.jpg 富士通の20型液晶一体型PC「FMV ESPRIMO FH56/DD」

 ここ数年、個人や家庭のPCユーザーでは、省スペースな液晶ディスプレイ一体型デスクトップPC、いわゆる“ボードPC”が人気だ。アナログ停波に伴い、地上デジタル放送の導入ニーズもあったにしろ(デジタルチューナー搭載モデルが増えて売れ筋になった)、家庭や個人にとって、こうしたボードPCはいろいろな面で使いやすい。

 据え置きタイプのノートPCと比較されることも多いが、ボードPCならば20型ワイド以上の大画面モデルがそろっている点が1つの魅力だ。最近のモデルはワイヤレスキーボード/マウスが標準で付属したり、配線類を本体側面に集中できる製品が多いので、すっきり設置できるのもうれしい。持ち運びやバッテリー駆動はできないものの、家庭内における持ち運び用途には、別のノートPCや、スマートフォン、タブレットデバイスで事足りるという人も多いのではないだろうか。

 そこで今回取り上げる富士通の「FMV ESPRIMO FH56/DD」(以下、FH56/DD)だが、結論を先にいってしまうと、スペックや機能がバランスよくまとまっており、コストパフォーマンスも高いボードPCだ。テレビ機能は、地上/BS/110度CSデジタルの3波ダブルチューナーを備える。液晶ディスプレイは20型ワイドで、それほど大画面というわけではないが、逆に大きな設置スペースを必要としないのは利点だろう。本体カラーとしては、シャイニーブラック、スノーホワイト、ワインレッドの3色が用意されている。

 ボディデザインはシンプルだ。両サイドの2本の足と背面のスタンドで立たせるタイプで、10度から最大30度のチルト調整が可能。本体サイズは、最小傾斜時で494(幅)×170(奥行き)×383(高さ)ミリ、最大傾斜時で494(幅)×260(奥行き)×348(高さ)ミリ、重量は約6.7キロだ。前面下部にはステレオスピーカー(オンキヨー製)があり、設置面とのすき間に付属のワイヤレスキーボード/マウスを潜り込ませておける。

tm_1108fh_02.jpgtm_1108fh_03.jpgtm_1108fh_04.jpg フォトスタンドを大きくしたようなシンプルなボディデザインを採用(写真=左/中央)。前面下部のすき間に、付属のワイヤレスキーボード/マウスを収納できる(写真=右)。スピーカーはオンキヨー製で、臨場感を高める高音質化技術「DTS Surround Sensation | UltraPC」もサポートする。PCの電源がオフの場合でも、音声入力した音楽などをスピーカーで鳴らすことが可能だ

モバイル向けのインテルプラットフォームを採用

 スペックをまとめると、インテルのモバイル向けプラットフォーム(開発コード名:Huron River)を採用しており、CPUはデュアルコアのCore i5-2520M(2.5GHz/最大3.2GHz/3次キャッシュ3Mバイト)だ。Sandy Bridge(開発コード名)世代のCore i5で、動作クロックをダイナミックに上下させるTurbo Boost 2.0や、1コアで2スレッドを同時に実行するHyper-Threadingに対応している。

 チップセットはIntel HM65 Expressを採用し、グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000を使う。

tm_1108fh_05.jpgtm_1108fh_06.jpg CPU-Zの情報表示(画面=左)。CPUはTDP(熱設計電力)が35ワットのデュアルコアCore i5-2520M(2.5GHz/最大3.2GHz/3次キャッシュ3Mバイト)だ。GPU-Zの情報表示(画面=右)。グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000を利用する

 メモリはPC3-1066のDDR3 SO-DIMMを4Gバイト(2Gバイト×2)、ストレージは2Tバイトの3.5インチSerial ATA HDD(5400rpm)だ。光学ドライブはスリムタイプで、BDXL対応のBlu-ray Discドライブを装備する。最大128Gバイトの追記型片面4層BDメディアに書き込める(2011年8月9日時点では、100Gバイトの片面3層BDメディアが発売済みで、4層BDメディアはまだない)。

tm_1108fh_07.jpgtm_1108fh_08.jpg 背面のネジ止めされたカバーを外すと、2基のSO-DIMMスロットにアクセスできる(写真=左)。出荷時のパーティション構成を見ると、回復パーティションのほか、CドライブとDドライブに約921Gバイトずつ割り当てられていた(画面=右)

 プリインストールOSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)で、オフィススイートはOffice Home and Business 2010が付属。セキュリティスイートとしては、シマンテックの「Norton Internet Security 2011(90日版)」をプリンストールしているほか、内蔵HDDからトレンドマイクロの「ウイルスバスター 2011 クラウド(90日版)」をインストールすることもできる(同時に使えるのはどちらかのみ)。

 そのほかのプリインストールソフトは、CD/DVD/BDライティングソフトの「Roxio Creator LJ」、ディスク再生ソフトの「Corel WinDVD BD 2010」、動画編集ソフトの「Corel Digital Studio for FUJITSU」、はがき作成ソフトの「筆ぐるめ Ver.18」などだ。また、「広辞苑第六版」をはじめとした辞書/辞典、ゲームなども豊富にプリインストールされている。付属ソフトがやたらと充実しているのは、富士通製PCの特徴でもある。

tm_1108fh_09.jpgtm_1108fh_10.jpgtm_1108fh_11.jpg FH56/DDのデバイスマネージャ画面

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.