ニュース
» 2011年09月02日 13時09分 UPDATE

IFA 2011:超極薄軽量「Ultrabook」、東芝が公開──厚さ8.3ミリ/重量1.12キロ

東芝がドイツで開催中のIFA 2011で同社初のUltrabookを公開。第2世代の超低電圧版Core iシリーズを搭載し、厚さ8.3ミリ/重量1.12キロ/8時間動作を実現する。

[山根康宏,ITmedia]

厚さ8.3ミリ/重量1.12キロの極薄軽量ボディ、8時間のバッテリー動作

photo 東芝が公開した薄型軽量ノートPC──Ultrabook「Portege Z830」

 東芝は、ドイツ・ベルリンで開催されているエレクトロニクスショー「IFA 2011」でUltrabook「Portege Z830」を初めて公開した。

 Ultrabookは米Intelが提唱する新世代薄型軽量ノートPCの呼称。薄型軽量で携帯性のよいボディ、長時間動作のバッテリー、PCとしてのパフォーマンスのよさやセキュリティ性を兼ねた、いわく“ノートPCの究極を目指すプラットフォーム”と訴求する。

 Portege Z830は、最薄部8.3ミリ(最厚部15.9ミリ)で重量は1.12キロ。1366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶ディスプレイを採用し、これまでの同社モバイルノートPCPortege R830(海外市場向け)より「20%軽く、40%薄い」とするノートPCだ。主な仕様としてUltrabook向けの第2世代超低電圧版Core i5クラス、ストレージは東芝製の128Gバイト高速SSD、最大6Gバイト(?)のDDR3メモリ、HDMI+アナログRGB出力、ギガビット有線LAN、USB 3.0×1、USB 2.0×2、高品位ステレオスピーカー、防滴仕様のバックライト付きキーボードを搭載する旨が示された。

photophoto 最薄部で8.3ミリの極薄ボディ。マグネシウム合金製で、手にしても不安を感じないカッチリ・しっかりとしたつくりだった。本体サイズは316(幅)×227(奥行き)×8.3-15.9(厚さ)ミリ
photophoto 左右側面にSDメモリーカードスロットとUSB 3.0ポート、背面にUSB 2.0やHDMI/アナログRGB出力、有線LANポートなどが並ぶ

 ボディはマグネシウム合金製で、独自のハニカムリブ構造により薄型ながら強度と軽さを両立させた。バッテリーはパームレスト下部に内蔵され、8時間の動作を実現する。バッテリーの着脱はできない仕様だった。通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、加えてWWAN(3Gなど)内蔵モデルも予定するという。

photophoto ディスプレイは指先1本でスムーズに開けられる。キーボードはアイソレーションタイプで、キートップの周囲から光が透過する仕組みのバックライトを備える。防滴仕様でもある

 Portege Z830はヨーロッパ市場向けのモデルとして展開し、2011年第4四半期に発売予定。日本市場への投入は現時点では未定としたが、モバイルノートPCニーズが他国より高いとされる市場、さらに東芝製とあって、日本市場への投入も強く期待される。発売が望ましく、待ち遠しいモデルの1つといえそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.