ニュース
» 2011年10月12日 17時28分 UPDATE

15000rpm/300Gバイト:東芝、“業界最速”の2.5インチHDD

東芝は法人向けに回転数15000rpmの2.5インチHDD「MK301GRRB」「MK301GRRR」を発表した。“業界最速”の内部転送速度を実現し、磁気ヘッドやディスク磁性層を改善して容量が300Gバイトとなった。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 回転数15000rpmの2.5インチHDD「MK301GRRB」。“業界最大クラス”の容量300Gバイトを実現した

 東芝は、法人向けに回転数15000rpmの2.5インチHDD「MK301GRRB」「MK301GRRR」を発表した。容量は“業界最大クラス”(2011年10月12日現在、15000rpm以上の法人向け2.5型HDDで。東芝調べ)の300Gバイトで2011年12月より量産を始める。

 磁気ヘッドやディスク磁性層を改善し、705.6Mビット/平方ミリの面記録密度を実現し、300Gバイトの容量を達成した。内部転送速度も従来機種より向上して298Mバイト/秒となり、業界最速(同上)だとしている。

 インタフェースはSAS 2.0(6Gbps)。本体サイズは69.85(幅)×100.45(奥行き)×15(高さ)ミリで、重量は225グラム。容量が147Gバイトの「MK1401GRRB」と「MK1401GRRR」も同時に発売、「MK3001GRRR」と「MK1401GRRR」は暗号化機能を備える。

関連キーワード

2.5インチHDD | 東芝 | 法人ビジネス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう