ニュース
» 2011年11月04日 12時00分 UPDATE

日本HP、“東京生産”モデルなど個人向けノート計3シリーズを発表

日本ヒューレット・パッカードは、17.3型ワイド液晶搭載ノート「dv7-6b00」など計3シリーズを発表した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは11月4日、17.3型ワイド液晶搭載ノートPC「HP Pavilion dv7-6b00」、15.6型ワイド液晶搭載ノートPC「HP Pavilion dv6-6b00」、11.6型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「HP Pavilion dm1-4000 インテルモデル」(以下、dv7-6b00/dv6-6b00/dm1-4000)の計3シリーズを発表、11月7日より順次販売を開始する(量販店販売モデルは11月下旬より順次開始予定)。

photophotophoto dv7-6b00(左)、dv6-6b00 プレミアムライン(中)、dm1-4000(右)

 dv7-6b00は、17.3型ワイド液晶ディスプレイを標準搭載したハイパフォーマンスノートPCで、CPUとしてCore i5-2430M(2.4GHz)〜同 i7-2860QM(2.5GHz)までの搭載に対応。メモリは最大8Gバイト、ストレージは最大2TバイトHDD(1Tバイト×2)を装備(SSD搭載にも対応)。また固定仕様の短納期モデルとして、最小構成に準じる「スタンダード・モデル」、Core i7-2860QM/SSD/フルHD対応液晶構成の「フルHD&SSDプレミアム・モデル」もあわせて用意する。同社直販価格は5万6700円から(税込み)。

 dv6-6b00は、東京・昭島工場生産モデルとなるメインストリーム向け15.6型ワイド液晶搭載ノートPCで、Core i3/i5を選択可能な「スタンダードライン」と、Core i7を搭載する「プレミアムライン」の2タイプを用意。メモリは最大8Gバイト、ストレージは最大1TバイトHDD(または160GバイトSSD)、光学ドライブはDVDスーパーマルチ/Blu-ray Discドライブを利用可能だ。直販モデル価格はスタンダードラインが4万3050円から、プレミアムラインが6万1320円から(双方税込み)。

 dm1-4000は、11.6型ワイド液晶を備えた量販店向きモバイルノートPCで、CPUとしてCore i3-2367M(1.4GHz)を搭載。メモリは4Gバイト、HDDは640Gバイトを内蔵した。6セルタイプのバッテリ−を搭載、駆動時間は約10時間となっている。販売開始時期は11月下旬の予定で、予想実売価格は約7万円前後だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう