ニュース
» 2011年11月30日 14時37分 UPDATE

日立CE、“机上投写”機能も備えた超短焦点液晶プロジェクター「CP-A301NJ」など2製品

日立コンシューマエレクトロニクスは、超短投写に対応する液晶プロジェクター計2製品「CP-A301NJ」「CP-AW251NJ」を発売する。

[ITmedia]

 日立コンシューマエレクトロニクスは11月30日、超短投写に対応する液晶プロジェクター計2製品「CP-A301NJ」「CP-AW251NJ」を発表、12月20日に発売する。価格は双方オープンだ。

photophotophoto CP-A301NJ/AW251NJ(左)、机上投写スタンド使用時(中/右)

 2製品はともに、2011年5月に発売された超短投写液晶プロジェクター「CP-A300NJ」「CP-AW250NJ」の後継モデルで、従来モデル同様に壁やスクリーンへの超短距離投写を実現するほか新たに“机上投写”機能をサポート。別売オプションの「机上投写スタンド」と組み合わせることで、机上に60型の投写を行うことが可能だ。

 表示解像度はCP-A301NJが1024×768ピクセル、CP-AW251NJが1280×800ピクセルをサポート。明るさはそれぞれ3000ルーメン/2500ルーメンとなっている。映像入力インタフェースはアナログD-Sub×2、HDMI×1、Sビデオ/コンポジットビデオ入力を備えた。またUSBメモリなどを用いたPCレスでのダイレクト投写機能や、有線LAN接続経由でネットワーク投写などを行う“ネットワーク機能”も備えている。

 本体サイズは345(幅)×303(奥行き)×85(高さ)ミリ、重量は約3.8キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.