ニュース
» 2011年12月22日 11時31分 UPDATE

加賀ハイテック、CPRM対応Androidタブレット「Meopad ADVANCE」の販売を開始

加賀ハイテックは、7型タッチパネルを搭載したAndroidタブレット「Meopad ADVANCE」の販売開始を発表した。

[ITmedia]

 加賀ハイテックは12月22日、7型タッチパネルを搭載したAndroidタブレット「Meopad ADVANCE」の販売開始を告知、12月23日より販売を開始する。予想実売価格は2万9800円(税込み)。

photophoto Meopad ADVANCE

 仕様などについては10月4日の製品発表時に準じ、800×480ドット表示対応の7型マルチタッチ液晶を内蔵。OSはAndroid 2.3を導入(Android Marketには非対応)、メモリは512Mバイト、ストレージは4Gバイトを備える。CPRMによる著作権保護機能に対応しているのが特徴で、同社が展開する“モバコンHQ”の再生に対応。また、紀伊國屋書店の電子書籍サービス“BookWebPlus”を利用できる電子書籍アプリ「Kinoppy」もプリインストールした。

 バッテリー駆動時間は最大で約6時間。本体サイズは約206(幅)×118(奥行き)×14(高さ)ミリ、重量は400グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.