ニュース
» 2012年01月07日 08時47分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:激安モードに暗雲か――DDR3メモリは「早めに買ったほうがいいかも」の声 (1/2)

年末年始セールのラストを飾る週末3連休にむけて、多くのショップが気合いを入れてキャンペーンを打っている。そのなかで、DDR3メモリの動きにまつわるウワサも流れていた。

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

問題は次の主力探しですよね

og_akibatokka_001.jpg 1月6日時点のパソコンショップ・アークのPOP

 年末年始に、自作PCの“安い”というイメージを引っ張っていたのは、間違いなくDDR3メモリだった。今週末も、8000円を割る1枚8Gバイトの2枚セットや、2000円台の4Gバイト×2枚セットなどが各ショップに並んでいる。しかし、この状況も長くは続かない、という声がちらほらと聞こえるようになった。

 パソコンショップ・アークは「工場の生産ラインの切り替わりや為替相場の関係などで、週明けくらいからDDR3メモリの仕入れ値が上がるというウワサが流れていますね」と語る。ツートップ秋葉原本店も「仕入れ値が2割増しになるなんて情報も入ってきます。もうすぐ(生産ペースが下がり、メモリの単価が上がりやすい)旧正月シーズンに突入しますし、今が底値になる可能性は高い気がします」と話してくれた。

 仕入れ値が一時的に変動しても売値がすぐ反応するとは限らないが、DDR3メモリは各店が戦略的な価格で大量に売り出しているため、バックヤードで何か動きがあれば表に出やすい。なかには、すでに「保険をかけて今のうちにメモリを値上げしている店があるかもしれないと、我々も随時チェックしているんですよ」というショップもあり、相場の動きに神経を走らせる動きが広がっているのは確かなようだ。

og_akibatokka_002.jpg TSUKUMO eX.の特価HDDのPOP。1万円切りする2TバイトHDDがわりと頻繁にみられるようになってきた

 とはいえ、昨年秋のHDDのような2〜3倍にも達する大幅な値上がりはなく、「まだウワサなので何ともいえませんが、まあ、上げ幅が大きくて3000円だったものが3500円になる程度だと思いますよ。マシン1式組む予算を考えたら、ほんとんど影響がないくらいでしょう」(フェイス秋葉原本店)という見方が大半だ。

 それでも、「現在の激安モードにブレーキがかかるのが怖い。HDDも落ち着いたとはいえ、タイ洪水前の価格には全然及びませんし、DDR3メモリーが高くなってしまうと、連休にアキバに来た人がこぞって買いたくなるような、特価の主役が不在になりますから」(某ショップ)と、深刻に心配がる声も少なくなかった。

 買い手側からすれば微々たる動きかもしれないが、なるべく安くDDR3メモリを買いたいという人は、この週末あたりに電気街を訪ねたほうがいいかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.