ニュース
» 2012年01月18日 19時47分 UPDATE

東芝、レグザ・ダビング対応の17.3型ワイドノート「dynabook Satellite T571」

東芝ダイレクトのWebオリジナルモデルとして、17.3型ワイドノートPC「dynabook Satellite T571」シリーズが登場。今ならクーポンを適用すると4万3000円引き。

[ITmedia]
og_toshiba_001.jpg dynabook Satellite T571

 東芝は1月18日、同社直販サイト「東芝ダイレクト」のWebオリジナルモデルとして、17.3型ワイド液晶ディスプレイ(1600×900ドット)を搭載した「dynabook Satellite T571」を発表、1月下旬に発売する。価格は、CPUにCore i5-2450M(2.5GHz)を採用した下位モデル「dynabook Satellite T571/W2ME」が11万2800円、クアッドコアのCore i7-2670QM(2.2GHz)を搭載する「dynabook Satellite T571/W3TE」が12万2800円、Core i7-2670QM(2.2GHz)に加えて外付けグラフィックスのGeForce GT 540Mを搭載した「dynabook Satellite T571/W5TE」が14万2800円。また、それぞれにMicrosoft Office Home and Business 2010(SP1)をプリインストールした全6モデルが用意される。

 dynabook Satellite T571は、対応テレビ/レコーダーのHDDに録画した番組を、手軽にBlu-ray DiscやSDメモリーカードにダビングしてPCで楽しめる「レグザリンク・ダビング」を搭載しているのが特徴だ。そのほかの基本スペックは、上位モデルが640GバイトHDDとBlu-ray Discドライブ、下位2モデルが320GバイトHDDとDVDスーパーマルチドライブ、メモリは全モデル共通で4Gバイトとなっている。

 インタフェースは、SD(SDXC対応)/xD/MMC/MS(MS Pro対応)をサポートしたメモリーカードスロットと、USB 3.0×1、USB 2.0×3、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力など。ネットワーク機能としてギガビットLANとIEEE802.11b/g/n準拠を備える。このほか、液晶ディスプレイ上部に130万画素Webカメラを内蔵。CPU内蔵グラフィックスを利用する下位2モデルは、インテルワイヤレス・ディスプレイをサポートする。

 バッテリー駆動時間は、最上モデルが約3.7時間、下位2モデルが約4.4時間。本体サイズと重量は、約413.6(幅)×274(奥行)×28〜36(高さ)ミリ/約3.2キロとなっている。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premiumだ。

 なお、1月18日現在、東芝ダイレクトのクーポン適用後価格は、dynabook Satellite T571/W2MEが6万9800円、dynabook Satellite T571/W3TEが7万9800円、dynabook Satellite T571/W5TEが9万4800円と、通常価格よりも4万3000円安く購入できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.