ニュース
» 2012年03月27日 20時59分 UPDATE

WiMAX、相模鉄道で利用可能に──運行ディスプレイ用通信回線にも活用

UQコミュニケーションズが、WiMAXサービスの相模鉄道の区間エリア化を実施。2012年3月27日より順次、駅構内・トンネル区間をエリア化する。

[ITmedia]

 UQコミュニケーションズは3月27日、神奈川県・相模鉄道との合意に基づき、同線湘南台駅、大和駅構内よりWiMAXエリア整備を進めると発表した。

 2012年3月27日にいずみ野線湘南台駅、同年4月中旬に本線大和駅に設置。上記路線のその他駅は一部を除きすでにWiMAXエリアとなっている。

 また、相模鉄道グループが改札口付近に設置する運行情報ディスプレイの通信回線にWiMAXが採用。2012年4月1日に開始する。相鉄グループのニュースや沿線情報、運行情報、他社線への振り替え輸送情報の有無などをリアルタイムに配信する用途に用いる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.