ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「整備」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「整備」に関する情報が集まったページです。

千葉県教委と日本マイクロソフトが「連携協定」を締結 県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に注力
千葉県教育委員会と日本マイクロソフトが、千葉県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に関する連携協定を締結した。4月をめどに千葉県立学校の全ての生徒や教職員を対象に「Microsoft Teams」を導入する他、主に教職員の仕事をICTで支援する環境の整備を進める。(2021/1/22)

東京駅から羽田空港まで18分:
羽田空港アクセス線に事業許可 JR東、29年度中の開業目指す
JR東日本は1月20日、「羽田空港アクセス線」の鉄道事業許可を国土交通省から受けたと発表した。整備区間は、東京貨物ターミナル〜羽田空港新駅(仮称)間の約5キロ。2029年度中の開業を予定している。(2021/1/21)

MONOist 2021年展望:
サブ6解禁でさらに期待高まるローカル5G、コストに見合った価値づくりを急げ
民間での商用サービスが始まった5Gだが、企業や自治体などが5Gを自営網として利用できる「ローカル5G」にも注目が集まっている。2020年末に6GHz以下の周波数帯であるサブ6やSA構成、屋外での利用が利用可能になる法整備が行われ、ローカル5Gへの期待はさらに高まっているが、その導入コストに見合った価値づくりはまだこれからだ。(2021/1/21)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
二層構造のIT環境から脱却するために、データセンター変革をどう進めるか
IT部門には、新たなテクノロジーをサポートするための柔軟なインフラ構築が求められる。パブリッククラウドこそ環境整備が進むものの、オンプレミス環境の多くは変革から取り残されている。この二層構造を脱却する方法はあるのだろうか。(2021/1/22)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
急増するエッジでのデータ生成、インサイトを引き出す環境整備のポイントは?
データの中心は、データセンターやクラウドからエッジへと移りつつある。ただ、1つの場所に固定されず、常にストリーミングされており、有効な保存期間が数秒というデータも取り扱うエッジのデータ運用はなかなかに難しい。(2021/1/19)

公務員のテレワーク進まず 住民との窓口多く対応に苦慮
政府の緊急事態宣言では、出勤者を7割削減するという目標も盛り込まれた。しかし、自治体の公務員が十分にテレワークができていない実態がある。出勤が不可欠な業務がある一方で、環境整備の遅れや意識の低さを指摘する声もある。(2021/1/14)

協働ロボット:
次世代型協働ロボット用駆動装置メーカー、日本市場に進出へ
SENSODRIVEが、日本メーカーと連携を図るため、日本市場に進出する。日本のロボットメーカー向けの営業やサポートの体制整備を始めており、将来的には日本オフィスの開設も検討する。(2021/1/13)

今後もリモートワークを続けるために:
PR:理想のVDIは環境選びが肝に VPNとの違いは? クラウド利用の注意点とは?
コロナ禍以前からVPNやVDIを導入しリモートワーク環境を整備していたが、全従業員が一斉に実施することは想定外だった企業は少なくないだろう。すでに導入したVDIを活用しつつ理想的なリモートワーク環境を整備するにはどうすれば良いのか。(2021/1/19)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

「月50万使う太客には“獲りやすく”アシスト」「裏側を見たら絶対プレイしない」 元従業員が語るオンラインクレーンゲームの闇と法の未整備
オンクレはなぜ24時間営業できたり、高額景品を投入できたりするのでしょうか。(2021/1/4)

2023年度の完了目指す:
QRコードでホームドアを開閉 都営浅草線、全駅で設置へ
東京都交通局は都営浅草線の全ての駅でホームドアの設置を進めると発表した。2021年秋に東銀座駅での設置を開始し、2023年度までに整備完了を目指す。(2020/12/25)

5Gビジネスの神髄に迫る:
2020年の5G動向を振り返る コロナ禍で“最悪のスタート”も、2021年の本格始動に期待
日本の5G元年となった2020年だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を強く受け、5Gをアピールするイベントが中止・延期になるなどして低迷。技術や周波数の影響もありローカル5Gを主体とした法人向けの利活用も大きくは広がっていない。唯一の救いといえるのは、コロナ禍でも携帯各社の5G整備スケジュールにあまり大きな影響が出なかったことだろう。(2020/12/22)

業務のデジタル化に関する意識・実態調査:
デジタル化で生産性は「上がってほしい」 パーソルプロセス&テクノロジーが調査結果発表
パーソルプロセス&テクノロジーが実施した「業務のデジタル化に関する意識・実態調査」によると、「Web会議の導入・整備」や「テレワーク環境の整備」が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大前に比べて大きく進んだという。(2020/12/18)

安全に、でも簡単に:
PR:わずか10日間で導入 中西金属工業が導入したテレワークの認証セキュリティ
コロナ禍で多くの企業は安全なテレワーク環境をいかに短期間で整備できるかという課題に直面している。本稿は、多要素認証の仕組みをわずか10日間で構築した事例を紹介する。(2020/12/17)

テレワーク中の従業員を狙うサイバー脅威
従来の考え方は通用しない「ニューノーマル時代のセキュリティ」への向き合い方
ニューノーマルの時代が始まり、多様な働き方を可能とする就労環境の整備が急がれる。緊急事態宣言発令時の急ごしらえの対応から恒久的な対応へと切り替える時期に来ているが、セキュリティをどう考えるべきか。(2020/12/16)

ソフォスらが2000万件のデータセットを公開、マルウェア検出の機械学習モデル開発目指す
Sophos AIとReversingLabsがマルウェア検出の機械学習モデル発見につながる2000万のデータセットを公開した。マルウェアに関する、整備済みの大規模なデータセットが広く公開されたことで業界全体でマルウェア検出機能強化につながる可能性がある。(2020/12/17)

クラウド介護ソフト「トリケアトプス」、コンテナ化とCI/CDでシステム基盤を強化
岡谷システムは、サービス提供の迅速化と効率化に向け、「IBM Cloud」上で運用するクラウド型介護業務支援ソフト「トリケアトプス」のシステム基盤をコンテナ化で刷新。CI/CDのアプローチも取り入れ、柔軟かつ高可用なシステム基盤を整備した。(2020/12/16)

「総務」から会社を変える:
法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。2020年最終回となる今回は、総務の視点から今年1年のニュースや変化を振り返る。(2020/12/16)

note 北上あいさん:
「正直、不安だった」 “ひとり人事”が入社直後、最初に取り組んだこと
2019年1月、note株式会社に「会社初の人事専任担当者」として入社した、北上あいさん。入社当時、採用活動は各事業を担当する役員が自ら採用計画を立てて実施していたという。そんな状況から、人材採用プロセス、評価制度などをどう整備していったのか。(2020/12/15)

サントリー、ビッグデータ活用システムを内製へ 自力でDX推進
サントリーホールディングスが、DX推進への取り組みの一環として、ビッグデータの活用システムを自社で整備することが分かった。DX専門部署を新設し、新商品やサービスの創出につなげる取り組みを始める。(2020/12/10)

ビッグデータ活用システム、サントリー自社整備へ
戦略立案や解析に携わるDX専門部署を令和3年初頭に新設し、新商品やサービスの創出につなげる取り組みを始める。(2020/12/9)

導入事例:
鹿島の“シチズンデベロッパー”実践例、協力会社の生産性向上と技能伝承を「Power Platform」で実現
協力会社の非効率な生産性と技能伝承の壁が建設業界の課題として存在する中、鹿島建設 横浜支店では、協力会社の作業効率を改善することで解決を目指すべく、Microsoft Power Platformを活用して、「工事進捗管理システム(内装・建具)」を自社の事務系社員が開発した。さらに、技能伝承をデジタル技術で代替することも見据え、2021年から現場適用を予定する「建設資材運搬システム」では、ベテラン調整係の暗黙知をデータ化する基盤の整備も検討している。建設業でのDXとシチズンデベロッパー実践のケーススタディとして、鹿島建設の事例を紹介する。(2020/12/8)

携帯大手、値下げ競争で収益力低下も 5G投資の足かせに
NTTドコモの新プラン発表を受け、携帯電話大手による料金値下げ競争の加速が見込まれる。今後は5Gの本格普及を見据え、エリア整備のために膨大な投資がかさむだけに、これまでのような高収益を維持するのは難しくなりそうだ。(2020/12/7)

国内メーカーの電動化シフト弾み 2030年代半ばガソリン車ゼロ
2030年代半ばに国内で販売する新車の全てを電動車にするという政府目標が定まれば、メーカーの電動化シフトに弾みがつく。海外勢に後れを取るEV開発も本格化しそうだが、実現には車体の軽量化や充電インフラの整備といった課題も山積している。(2020/12/7)

M1 Macに押され、中古Intel MacBookに値下げの波 最大12万円値下げも
秋葉館が、中古MacBook Pro (13-inch) 2016〜2020を2万〜12万円値下げした。Appleの整備済み商品もIntel Macは価格が引き下げられている。(2020/12/5)

BIM:
国内建設プロジェクト向けに「Revit」用BIMパーツの特別サイト開設
BIMobject Japanと大塚商会は、BIMソフト「Revit」国内ユーザー向けに、Revit用BIMパーツを掲載する特設サイトを開設した。BIMを導入しやすい環境を整備し、生産性の向上や働き方改革の促進を後押しする。(2020/12/4)

法律的問題性は?:
弁護士が解説する「ドコモ口座」不正出金の元凶と求められる本人確認方法
2020年9月、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正出金の被害が相次いで発生した。口座開設時のNTTドコモによる本人確認や、連携先銀行の認証手続きに甘さがあったと指摘されている。本稿では法的観点に基づくドコモ口座の不正出金に対する考察とともに、今後のキャッシュレス決済の普及に向けた環境整備の展望を、南弁護士が解説する。(2020/11/28)

コロナ助成金は課税対象?確定申告前に疑問続々…AIが回答も
 新型コロナウイルスの感染拡大は、来年2月に始まる税の確定申告にも影響を及ぼしている。個人や事業主などに支給された助成金や給付金が、種類によって課税対象かどうかが異なるという。さらに国税庁では確定申告に関する疑問にネット上のAI(人工知能)が応じる仕組みを整備するとしており、活用が広がれば感染リスクの回避も期待できそうだ。(森西勇太)(2020/11/27)

Amazon.co.jp、iPhoneの整備済み品を販売開始
Appleとは異なる「iPhone整備済み品」をAmazonが独自にスタート。(2020/11/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リモートワークの広がりで問われる『本物の「上司力」』
多くの企業が急きょリモートワークを取り入れることになったが、十分な環境整備も心の準備もない中での導入に、マネジメントに悩む上司が急増している。(2020/11/26)

ライセンス、サーバ台数を徹底的に抑制
安全・安価なテレワーク実現のために、スズデンが選んだ「VDI」とは
テレワーク体制の整備や従業員PCのOSの更新に追われるIT部門は少なくない。専門商社スズデンは「VDI」と「シンクライアント」の導入で、これらの課題に対処した。そのいきさつと、選定した製品とは。(2020/11/26)

脱ハンコで学校のデジタル化加速
行政手続きの押印廃止を進める政府方針を踏まえ、文部科学省も学校現場の保護者との連絡のデジタル化を求める通知を全国の教育委員会に出した。歓迎の声があがる一方、「なりすまし」などの問題や、機器整備の課題を指摘する声もある。(2020/11/20)

脱ハンコで学校のデジタル化加速
 行政手続きの押印廃止を進める政府方針を踏まえ、文部科学省が先月、学校現場の保護者との連絡のデジタル化を求める通知を都道府県や全国の教育委員会に出した。国内では独自にデジタル化を進めている学校もあり、保護者を中心に歓迎の声があがる一方、「なりすまし」などの問題や、機器整備の課題を指摘する声もある。教育の現場は変わるのか。(地主明世)(2020/11/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
Web会議が全盛でも「対面会議」にこだわる人の言い分
感染症拡大をきっかけにWeb会議が急速に広がる中、「直接会って話すことに勝るものはない」という声も根強くある。なぜ対面会議は支持され続けるのか。その理由と「未来の会議室」の整備方法を説明する。(2020/11/19)

自動運転技術:
自動運転車のパンクに備えて、遠隔監視でタイヤ整備店がかけつける実証実験
住友ゴム工業は2020年11月16日、レベル4の自動運転車のタイヤ空気圧を遠隔監視する実証実験を岐阜県岐阜市内で実施したと発表した。(2020/11/18)

ドコモの子会社化にKDDIなど28社が意見書 総務大臣に提出 「公正な競争を阻害する」
NTTがNTTドコモを完全子会社化すると発表したことを受け、KDDIやソフトバンクなど28社が総務省に意見書を提出。通信市場の公正な競争環境の整備などを求めている。(2020/11/11)

「導入予定なし」も2割:
緊急事態宣言から半年、テレワークを継続している企業の割合は? 出社日は「決めていない」が5割
アデコが実施した調査によると、緊急事態宣言下でテレワークを実施した企業の8割が半年後も継続していることが分かった。出社日は「決めていない」が半数。一方、テレワークに伴う制度の整備やオフィスの見直しはなかなか進んでいない。(2020/11/9)

安全に、でも簡単に
わずか10日間で導入 中西金属工業が導入したテレワークの認証セキュリティ
コロナ禍で多くの企業は安全なテレワーク環境をいかに短期間で整備できるかという課題に直面している。本稿は、多要素認証の仕組みをわずか10日間で構築した事例を紹介する。(2020/11/9)

「在宅勤務を標準へ」――1万5000人がテレワークする日立、セキュリティで見直したことは?
2021年4月に在宅勤務を標準化する日立製作所。今も社員の約半分がテレワークを行っている。在宅勤務を進める上で重要だったのがIT環境の整備だ。何がポイントとなったのか、担当者に聞いた。(2020/10/31)

ドコモの「LTE→5G転用」は2021年度後半から 決算説明会で吉澤社長
LTE用に割り当てられた周波数帯の5Gへの転用に消極的とされるNTTドコモ。10月29日に行われた報道関係者向けの決算説明会において、初めて転用開始時期の見通しが明らかとなった。あくまでも、新規周波数帯でのエリア整備を重視する姿勢には変わりがないという。(2020/10/29)

BIM:
オートデスクと清水建設、都市デジタルツインの基盤整備
オートデスクは清水建設とともに、都市デジタルツインの実装に向け、基盤・データプラットフォームを整備する協業プロジェクトを、豊洲6丁目プロジェクトの周辺エリアを対象とする都市デジタルツインの構築から開始した。(2020/10/28)

「利用者理解」「多様なサービス」「MNPの簡素化」が柱――総務省が「アクション・プラン」を策定 公正競争環境の整備を進める方針
総務省が「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を公表。今後の携帯電話市場における“公正な”競争環境を整備すべく取る行動を具体的にまとめている。柱は「利用者理解」「多様なサービス」「MNPの簡素化」だ。(2020/10/27)

日本国内のDXを推進:
経産省主導、“横串”のデジタル市場基盤を検討開始
経済産業省は日本国内のDX(デジタルトランスフォーメーション)の動きを活性化させることを目的に、有識者委員会「Society5.0の実現に向けたデジタル市場基盤整備会議」を設置した。(2020/10/26)

楽天モバイルの「auエリアローミング」が順次終了 東京都、大阪府、奈良県の一部で
KDDIと沖縄セルラー電話は、楽天モバイルに対してauの4G LTEネットワークを貸し出している。この貸し出しが、東京都、大阪府、奈良県の一部において順次終了することになった。楽天モバイルの自社エリアの整備が進んだ結果であると思われる。(2020/10/23)

漫画・アニメ・ゲームの資料収集と閲覧の強化 「MANGA議連」法案提出へ
超党派の「MANGA議連」が臨時国会に、漫画やアニメ、ゲームの資料などの保存・活用を目的とした「メディア芸術ナショナルセンター」の整備・運営などに関する法律案を提出する方向で調整している。業界の人材育成や観光客誘致などが目的。(2020/10/22)

「きんてつオンライン鉄道まつり2020」10月24日から 貴重な「整備動画」や激レア「鉄道放出品販売」見逃すなかれ〜
初のオンライン開催、12月13日まで。(2020/10/13)

駅ホームをスマホで音声案内 視覚障害者の外出を支援
JR西日本やNPO法人が視覚障害者向けにITを活用した音声案内の整備を進めている。QRコードやタグをスマホで読み込むと周囲の状況を音声で知らせる仕組みで、視覚障害者が介添えなしで外出するのを手助けする。(2020/10/12)

企業と映像制作者のWin-Winへ:
経済産業省に聞く ブランデッドコンテンツ制作になぜ政府の補助金が出るのか?
日本のコンテンツの海外展開とコンテンツ産業支援を目的とした「コンテンツグローバル需要創出促進・基盤整備事業費補助金(J-LOD)」の一環として「ブランデッドコンテンツ」の制作支援制度があるのをご存じだろうか。(2020/10/7)

UQ、WiMAX基地局整備システムをクラウド移行 運用コスト3分の1に
UQコミュニケーションズがUQ WiMAXの「基地局建設業務システム」を日本オラクルのIaaS「Oracle Cloud Infrastructure」に移行する。システムの運用コストを3分の1に減らせる見込み。(2020/10/2)

インフラ点検ビジネス、国内で約5兆円 異業種参入の背景に規制緩和
高度経済成長期に集中整備された橋や道路、トンネルなどが一斉に老朽化する中、インフラ点検ビジネスに、電機や精密機器メーカーの参入が相次いでいる。カメラで撮影した映像をAIが解析してひび割れを発見するシステムなどの導入が期待される。(2020/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。