ニュース
» 2012年05月18日 13時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:グラスレス3D対応のAVノートPCがフルモデルチェンジ――「dynabook Qosmio T852」

裸眼の3D立体視に対応する15.6型ワイドノートPC「dynabook Qosmio T852」は、Ivy Bridge世代の最新プラットフォームを採用し、デザインも一新した。

[ITmedia]

Ivy Bridge世代にフルモデルチェンジしたフラッグシップAVノート

og_t852_001.jpg dynabook Qosmio T852/D8FB

 東芝は、2012年PC夏モデルとしてグラスレス3D対応の15.6型ノートPC「dynabook Qosmio T852」シリーズを発表、5月中旬に発売する。店頭向けモデルのラインアップは「T852/D8FB」の1モデルのみで、実売価格は22万円前後になる見込みだ。

 T852/D8FBは、地上/BS/CS対応のダブル地デジチューナーや、harman/kardonブランドのステレオスピーカーを内蔵する、AVノートPCのフラッグシップモデル。従来同様、3Dメガネを使わずに3D立体視コンテンツを視聴できるほか、3Dと2D映像の同時表示や2D映像(テレビやDVD)の3D表示も行える。

 2012年夏モデルは、基本スペックからデザインまでフルモデルチェンジを実施している。まず、CPUにはIvy Bridge世代のCore i7-3610QM(2.3GHz/最大3.3GHz)を採用し、Intel HM76 Expressチップセットベースのシステムに移行。これにあわせて、8Gバイト(4Gバイト×2)容量のメモリはDDR-1600になった。このほか、1TバイトHDDとBDXL対応Blu-ray Discドライブ、1920×1080ドット表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載。グラフィックスはGeForce GT 640Mとなっている。

og_t852_002.jpg 金属的な質感の天面が美しい、ダークシルバーのボディに生まれ変わった

 ボディカラーも春モデルの「シャイニーオーシャン」から、アルミの質感を生かした「ダークシルバー」に変更したほか、Windows 8のUIを見据えてジェスチャーコントロール付きクリックパッドの大型化などが図られている。また、液晶上部に内蔵された100万画素Webカメラがユーザーの使用状況をチェックして、自動的にディスプレイの電源をオン/オフする「TOSHIBA Active Display OFF」機能が搭載されているのも目を引く。

 インタフェースは、メモリカードスロット、USB 3.0×4、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力など。ネットワーク機能として、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 3.0+HS、ギガビットLANを備える。本体サイズは約385.0(幅)×252.5(奥行)×29.8〜33.6(高さ)ミリ、重量は約3キロ。標準バッテリーで約2.2時間駆動できる。

 OSとして64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)を採用するほか、Microsoft Office Home and Business 2010(SP1)やAdobe Photoshop Elements 10、Adobe Premiere Elements 10もプリインストールされている。


dynabook Qosmio T852シリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
dynabook T852 T852/D8F 2スピンドル 新CPU、デザインチェンジ Core i7-3610QM (2.3GHz/最大3.3GHz) 8GB (DDR3) 1TB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 22万円前後
dynabook Qosmio T852シリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
dynabook T852 T852/D8F グラスレス3D 15.6型ワイド 1920×1080 Intel HM76 BDXL対応Blu-ray Disc GeForce GT 640M 3波デジ / Office Home and Business 2010 約3キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.