レビュー
» 2012年07月06日 16時00分 UPDATE

いろいろはかどるぞ:指で触れるのが気持ちいい!! 「Bento 4 for iPad」で情報整理を快適に (1/2)

「データベース」と聞くとなんだか難しそうだが、情報はまとめておくことでもっと便利に活用できる。美しいデザインとシンプルな操作でいつでもさっと情報を取り出せるiPad向けの「Bento」は、データベース入門に最適なアプリなのだ。

[広田稔,ITmedia]

ITに慣れない人のためのデータベースアプリ

og_bento_001.jpg Bento 4 for iPad。音読すると「ふぉーふぉー」と続くのがラブリーな感じ!?

 6月20日、ファイルメーカーはApp Storeにてデータベースアプリ「Bento 4 for iPad」の販売を開始した。データベースというとなんだか難しそうで身構えてしまうが、“まとめておけば便利な情報”というのは意外と多い。どんなシチュエーションで役立ちそうか、バージョン4ではどんな新機能が追加されたのか、詳しく見ていこう。

 いきなりだが、人間とは忘れる生き物である。せっかくいい知識や経験に出会っても、数週間経つと記憶に残っているのはごくわずか。人生とは貴重なデータの積み重ねなのに、それを記録しておかないのはもったいない。

 そんなシチュエーションで役立つのが、データベースアプリだ。単なるメモなら「Evernote」などのクラウド系アプリが向いているが、1つの事柄に対して複数の説明を加えて、リストで振り返りたいときにはデータベースのほうが向いている。

og_bento_002.jpg Mac版のBento 4。通常価格は4300円だが、7月31日までは2600円でファイルメーカーのWebサイトからダウンロード購入できる

 行って美味しかった飲食店、作って好評だったレシピ、今まで試したワインのリスト、所有する書籍やDVDのリスト、ダイエットやエクササイズの記録、車やバイクのメンテナンスログ、ガーデニングや熱帯魚の管理、家具の購入日と金額、お中元やお歳暮の履歴……。ちょっとしたときに、以前に残しておいた記録が役立ってくる。仕事ならもっと必要性に迫られるだろう。顧客リスト、取引履歴、機材リスト、請求書や領収書などの帳票発行など、すぐにデータベースが役立つシチュエーションが思いつく。

 ただ、まとめておけば便利なことが分かっていても、データベース作りというのはなんとなく面倒で、始める気が起こらないという人もいるはず。アプリの画面が機械的で入力しにくかったり、デザインが気に入らなかったり、無骨なインタフェースを触っていて使わされている感が強くなってくると、打ち込むのがおっくうになって未入力の件数が増えていく。そうなるとますます入力するのが面倒に……と悪循環に陥りがちだ。かといって、小規模なデータベースは、誰かに頼んで運用してもらうのもコスト的に難しい。

 そこでBentoの出番である。Bentoは初めてデータベースに触れる人でもシンプルに使えるように設計された製品で、グループではなく、コンシューマーや個人のナレッジワーカーが使うのを想定している。その名前は、いろいろな料理が分かりやすく入っていて見た目が美しい日本の「弁当」にヒントを得たという(そのまま!)。

og_bento_003.jpg 「昔は統合ソフトとして絶大な存在だったが膝に矢を受けてしまってな……」というわけではないけれど、当時クラリスワークスは、Macユーザーなら知ってて当たり前の存在。筆者のコレクションにも『クラリスマッサージ』なるグッズが残ってました

 Bentoは2008年にMac版が登場し、その後、2009年にiPhone/iPod touch版、2010年にiPad版が追加された。中でもiPad版は、iPhone/iPod touchより画面が広く、マウスではなく指で触って直感的に操作できることもあって、PCの操作に慣れてない人にも向いている。

 Bentoを作っているファイルメーカーは、ビジネス向けで定評あるデータベースソフト「FileMaker」を開発/販売している企業で、アップルが100%出資する子会社だ。古いMacユーザーにはおなじみの統合ソフト「クラリスワークス」を作っていたクラリス社がその前身で、1998年にファイルメーカーに社名変更して現在に至っている。ファイルメーカーも、ITに慣れない人でもITのよさを引き出して使えるようにするアップルの血を受け継いでいる会社なのだ。

連絡先、レシピ、顧客……充実のテンプレートで楽々作成!!

 Bento 4 for iPadのウリは、まずテンプレートにある。連絡先、レシピ、ダイエットの記録、目録、イベント計画、請求に関する情報、生徒リスト、顧客、寄付など、あらかじめ25種類を用意している。名前を見るだけで、だいたい中身が想像できるものなので、探すのにもそう困らない。テンプレートの見た目が趣味に合わなければ、40種類のテーマから別のものを選べる。

og_bento_004.jpgog_bento_005.jpg テンプレートの選択画面。アイコンと名前で中身が想像できる

og_bento_006.jpgog_bento_007.jpgog_bento_008.jpg 左より「連絡先」「レシピ」「請求に関する情報」のテンプレートを開いたところ。アップルのKeynoteのようなデザインが目を引く。長期間使うことになるデータベースだからこそ、かっこいいデザインで気分よく使えるのに越したことはない

og_bento_009.jpgog_bento_010.jpgog_bento_011.jpg テンプレートのテーマは右上の「i」ボタンから「テーマの選択」を選んで簡単に変えられる。いずれも新しいiPadのRetinaディスプレイに対応済み

 テンプレートを選ぶだけで、データを入力する「フィールド」と説明文や区切り線といった「オブジェクト」が埋められた状態で現れるので、あとはいきなり入力していけばいい。分からないフィールドは無視して、とりあえず必要そうなものだけ埋めていけばOK。

og_bento_012.jpgog_bento_013.jpgog_bento_014.jpg 「選択」タイプのフィールドは、お手軽に選ぶだけ(画面=左)。「メディア」タイプのフィールドには、iPadの「写真」アプリに保存している画像や動画、その場で取った音声が登録できる(画面=中央)。「日付」のフィールドでは、より簡単に数字を入力できる(画面=右)

関連キーワード

iPad | Bento | データベース | Mac | FileMaker | iPadアプリ


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-