ニュース
» 2012年07月11日 12時18分 UPDATE

東芝、エンタープライズ向けとなる容量900Gバイトの2.5インチHDD

東芝セミコンダクター&ストレージは、業界最大クラスをうたう容量900Gバイトを実現したエンタープライズ向け2.5インチHDD「AL13SEB900」など4製品を発表した。

[ITmedia]
photo AL13SEBシリーズ

 東芝セミコンダクター&ストレージは7月11日、エンタープライズ向け2.5インチHDD「AL13SEB900」など4製品を発表、8月に量産を開始する。

 磁気ヘッドやディスク磁性層の改良により面記録密度を高めることで、業界最大クラスとなる容量900Gバイトを実現。また内部のトラッキング用アームに、精度を高めた2段アクチュエータを採用した。

 ラインアップは900Gバイトモデルの「AL13SEB900」のほか、600Gバイトモデル「AL13SEB600」。450Gバイトモデル「AL13SEB450」、300Gバイトモデル「AL13SEB300」を用意。接続インタフェースはSAS 2.0に対応、回転数は1万500rpm、バッファ容量は64Mバイトを搭載している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.